東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ ダイの大冒険 第50話「我ら獣王遊撃隊」感想 チウの奮闘 そしてバラン再登場

ダイの大冒険
この記事は約7分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第50話の感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話

スポンサーリンク

#50「我ら獣王遊撃隊」

ポップがハドラー親衛騎団に向けて放ったメドローアは大地を抉り取るほどの威力だった。勝利を確信し、安堵の笑みをこぼすダイたち。だが、戦いはまだ終わっていなかった。ブロックが自らを犠牲に、呪文の直撃からほかの四人をかばっていたのだ。ダイたちはすぐさま臨戦態勢に戻り、ヒムたちも仲間の敵を討つべく闘志を燃やす。


再度戦闘開始と思われたそのとき、ハドラーが魔力によって自らの映像を送り込み、両者を制止した。彼によると、この戦いは死の大地に来る者をふるいにかける前哨戦なのだという。ダイたちだけで死の大地に来るように告げ、姿を消すハドラー。オリハルコンの戦士たちも主を追うようにサババから引き上げていった。


時を同じくして、チウは、ゴメちゃんや獣王の笛で仲間にしたモンスターたちを隊員として「獣王遊撃隊」を結成し、死の大地に潜入していた。敵の本拠地・大魔宮バーンパレスへと通じる魔宮の門が海底にあることを突き止めたチウたち獣王遊撃隊。しかし、そんな彼らの前に、サババから戻ったばかりのフェンブレンが現れる。チウたちの口を封じようと凶刃を振るうフェンブレン。チウは敵の攻撃を一身に受け、仲間たちを守ろうとする。防戦一方のチウは絶対絶命の窮地に陥るが、そこに竜騎将バランが割って入り……?

スポンサーリンク

感想

メドローアでハドラー親衛騎団を消滅させたかに見えたが、地面からハドラー親衛騎団の姿が現れる。

ブロックがその巨体を活かし、ヒム達を地面に押し込みメドローアから庇っていたのだった。

ブロックの体半身は消滅していた為、その場に倒れ込むブロック。

再び相まみえようとするダイ達とハドラー親衛騎団達だったが、その前にハドラーの姿をしたビジョンが出現する。

ハドラーは死の大地で待っているつもりだったが、ダイ達以外にも死の大地に乗り込もうとしているという情報を耳にした事で、死の大地に乗り込む実力があるかどうか奮いにかける為、サババの港町を襲撃したと告げる。

『ダイ。お前達だけで良いのだ。大魔王様の御前をつまらぬ戦士の血で汚すわけにはいかぬ。待っているぞ。一刻も早く来い。死の大地へ』

と告げ、ハドラーのビジョンは消滅する。

ハドラー親衛騎団もルーラで次々とその場を離れる中、ヒムは自らの額を指差してヒュンケルに

『勇者もいいがまずはお前だ。ヒュンケルとか言ったな。この一撃の礼は必ずする。だがハドラー様の命には絶対服従だ。貴様をぶちのめせっていう命令が下ることを祈ってるぜ』

と告げ、その場をルーラで後にする。

その頃ダイ達とは内緒で別行動をしていたチウは、クロコダインから貰った【獣王の笛】で仲間にしたモンスターを引き連れ、死の大地に潜入していた。

マリンスライムを海底に送り込み、大魔王の本拠地・バーンパレスの入り口を発見したチウは急いでダイ達にその事を告げに戻ろうとするが、その前にハドラー親衛騎団のフェンブレンが立ちふさがる。

モンスターの背に乗り、その場を離れようとするチウに対し、フェンブレンは得意の呪文・バギでモンスターごとチウを打ち落としてしまう。

そしてフェンブレンはマリンスライムのマリべぇにとどめを刺そうとするが、初めて出来た自分の部下を守る為、自らを犠牲にしてマリべを助けるチウ。

そんなチウをあざ笑うフェンブレンに対しチウは

『お前にはザコに見えるかもしれないけど、僕にとっては初めて出来た子分なんだ。みんな我が隊員の立派な隊員たちだ。僕は隊長だぞ。隊長は部下を必死に守るものなのだ!』

と言い放ちフェンブレンに立ち向かっていく。

その頃ダイ達はハドラー親衛騎団の襲撃で負傷した人達の手当てを行っていたが、チウの姿がない事に気付き、急いで死の大地へポップ、ヒュンケル、クロコダインで向かうことに。

一方チウは実は残酷な面を持つフェンブレンにボコボコにされていた。

『ネズミは追い詰められてからが凄いんだぞ・・・』

そんなチウにフェンブレンは自らの爪を突き立てる。

心配するゴメちゃんとモンスター達にチウは

『心配するな。必ずみんなを助けてやるから安心しろ。こんなの痛くも痒くもないぞ・・・!』

と言い、フェンブレンは更に爪をチウに押し込んでいく。

その姿を見ていたゴメちゃんに異変が。

眩い光に包まれたゴメちゃん。

ゴメちゃんはそのままフェンブレンに突っ込んでいく。

ゴメちゃんに体当たりはフェンブレンの頭に直撃。

すぐに起き上がるフェンブレンは自分の顔が欠けている事に気が付く。

『こんなバカな!ワシの体はオリハルコンで出来ているのだぞ。それをあんなスライムはひしゃげさせたというのか?考えられん、ありえん・・・!だが真実がどうであれ確実に葬っておかなければならんな。存在の不気味さよりもザコのくせに、ワシの体に傷を残した罪の方が万死に値する!』

と気絶しているゴメちゃんにとどめを刺そうとするフェンブレンに対しチウは

『隊員2号に手出しはさせないぞ!』

とゴメちゃんを他のモンスターと共に庇おうとするが、フェンブレンに一蹴されてしまう。

『仲良く串刺しになれ!』

と爪を振り下ろそうとしたその瞬間、フェンブレンの目は何者かの剣によって串刺しになっていた。

『だ、誰だ、何者だ!』

目を失ったフェンブレンが問うとその男は

『こうまで醜いものだとはな。強者が弱者をいたぶる光景というものが。他人がしているのを見て初めてわかる。この場はひけ。さもなくば両目だけでは済まなくなるぞ』

と言い、フェンブレンは

『誰かは知らんが覚えておれよ。絶対にタダでは済ません!』

と言い、ルーラでその場を去っていく。

既に意識を失っているチウを見つめるその男の姿は竜騎将・バランだった。

第50話終了。


今回はチウの回でしたね。

現代で言えば上司が部下を庇おうとする姿に感動しました。

なかなかこうまで言える上司はいないのではないでしょうか。

こういう上司についていきたいと思わせるような描写でした。

また唯一ハドラー親衛騎団の中で誇りとか持っていなそうなフェンブレンの本性も明らかになりましたが、一番最初にやられるのは彼であるというフラグを見事に立ててくれた気がします。

そしてついに再登場したバラン。

チウを助ける形になりましたが、その真意は?

スポンサーリンク

50話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の流れとしては

・ハドラー親衛騎団はブロックのおかげで無事
・チウ、死の大地潜入
・チウ達獣王遊撃隊VSフェンブレン
・フェンブレンの残酷な本性が明らかに
・バラン様再登場

といった感じでした。

バラン再登場というところで次回はまた熱い展開が待っていると思います。

ダイの大冒険
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonからお得なお知らせ
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews