アニメ ダイの大冒険 第5話感想 ついにアバン先生があの呪文を・・・? ネタバレあり

この記事は約4分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ダイの大冒険の第5話感想になります。
前回では小物感溢れる魔王ハドラーが地味に復活していて、ダイ達が住むデルムリン島にやってきてアバン先生と戦う事になり、ハドラーの放ったベギラマがダイ達に炸裂しそうになるところをアバン先生が身を呈してかばうところまででしたね。
その後どうなったのでしょう。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 
31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話

スポンサーリンク

あらすじ

ハドラーが放ったベギラマは、ダイとポップをかばったアバンに直撃。アバンは今の自分たちの戦力では勝機がないことを悟る。一計を案じ、覚悟を決めたアバンはダイたちにアストロン(鋼鉄変化呪文)をかけ、二人の弟子に卒業の証「アバンのしるし」を与える。身体が鋼鉄と化したダイとポップは、アバンが死ぬ気であることに気付きながらも、戦いを見守ことしかできなかった。アバンは自らの全生命エネルギーを爆発力に変えて、自己犠牲呪文≪メガンテ≫を放つ……!
しかし、彼の最期の大呪文でもハドラーを倒すことはかなわなかった。ハドラーは遺されたダイとポップにとどめを刺そうとするが、ダイはアストロンを破って応戦。そのとき、ダイの額には再び紋章が浮き上がる。ダイ渾身のアバンストラッシュを受けて大怪我を負ったハドラーは、捨て台詞を残して島を去っていった。
立ち込めていた暗雲が晴れ、以前の静けさを取り戻したデルムリン島。ポップはアバンを失った悲しみに暮れ、ダイはアバンの言葉を思い返してある決断をする。
一方、魔王軍の拠点・鬼岩城に戻ったハドラーは、ダイの額に浮かび上がる紋章が、竜(ドラゴン)の紋章であり、ダイが竜(ドラゴン)の騎士ではないかと考え、必ずダイを叩き潰すという決意を固めるのだった。(公式HPより引用)

スポンサーリンク

感想

4.0

記憶が確かならアバン先生ここで死ぬんだっけ?
と前回のラストで思ったんですが、やはり死んでしまいましたね・・・
アバン先生いいキャラだったんですけどね。
それにしても、この魔王ハドラーってやはり小物感がどうしても拭えないんですよね。
いずれダイとも戦う事になるハズですが、このままのキャラだと雑魚キャラみたいにあっという間にやられてしまうんじゃないですか?笑
そしてダイの額に浮かび上がって『ドラゴンの紋章』ってハドラーも言ってましたが『ドラゴンの騎士』ってなんでしょうね・・・
ハドラーがあそこまで恐れるという事は、よほど強力な存在であることは間違いないと思います。(でも確か敵側にも同じようなのいましたよね・・・確か〇〇〇〇ル?だったような・・・)

そしてついにダイはアバン先生の遺言を胸に魔王ハドラーを操っている大魔王バーンを倒す事を決めるのでありました。
アバン先生から最後に貰った『アバンのしるし」を胸に・・・

追記:個人的にこれがウケました。笑

スポンサーリンク

第5話「アバンのしるし」のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

次回からついにダイが自分の意志で冒険に繰り出します。
これで本当の「ダイの大冒険」がはじまるんですね。
そういえば次回予告でワニ出てましたが、あれクロコダインですよね?
もうクロコダイン出るんですね・・・
もう少し後だったような昔の感覚だったんですが、もう!?って感じです。笑
ではまた6話で!

ダイの大冒険はU-NEXTでも観れます!
今なら31日間無料!


タイトルとURLをコピーしました