アニメ ダイの大冒険 第11話感想 ヒュンケルの過去 まさかのアイツが? ネタバレあり

スポンサーリンク
ダイの大冒険
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第11話が放送されました。
前回はヒュンケルの前に全く歯が立たないダイがアバンストラッシュを放ちますがドヤ顔をしたヒュンケルに防がれたところまででしたね。笑

前回はこちら

スポンサーリンク

第11話「魔剣剣士ヒュンケル」

ダイのアバンストラッシュはヒュンケルには通用しなかった。 アバンとその弟子に対する強い憎しみに燃えるヒュンケルは、「鎧の魔剣」をまとってダイたちにぶつかっていく。 あらゆる攻撃呪文をはじく最強の鎧は、ダイ、ポップ、マァムの三人がかりの攻撃もものともしない。 いったいなぜ、ヒュンケルはそんなにもアバンを憎むのか?
マァムが疑問を投げかけると、彼は自身とアバンの過去を語り出した。 ヒュンケルは、魔王軍のモンスターである地獄の騎士バルトスに育てられた身だった。
しかし、バルトスはアバンによって命を奪われてしまう。ヒュンケルは父の仇を討つために、アバンに弟子入りをする。 修業を経て力を付けたヒュンケルは、独自に編み出した必殺剣・ブラッディースクライドでアバンを攻撃するが、返りうちに合う。 そうして死にかけていたところをミストバーンに救われて魔王軍に加担したのだった。 過去を語り終えたヒュンケルがダイにとどめを刺そうとしたそのとき、クロコダインが現れ、満身創痍のダイとポップを戦線から離脱させる。 ヒュンケルはクロコダインを倒し、戦場に残されたマァムを人質にしてダイたちをおびき寄せることにする。

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.
スポンサーリンク

感想&詳細

感想&詳細アバンストラッシュを難なく防いだヒュンケル。

「これがアバンストラッシュだと?笑わせるな!お前のはとんだまがいものだ!お前も知っていよう。大地を斬り、海を斬り、空を斬り・・・。そしてすべてを斬るのがアバンストラッシュだと。戦いのうちに見切ったわ。お前はアバン流刀殺法を極めていない!すなわち第3の必殺技【空裂斬】をな!」

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.

とすごい得意げに長々と語るヒュンケル。

その言葉を聞き、ダイはアバンに修行してもらった時の【空裂斬】の話をされていた事を思い出す。

そしてマァムとポップがヒュンケルに立ち向かおうとしますがヒュンケルは大魔王バーンからもらったという鎧を見に纏います。

そしてヒュンケルはアバンが自分の親の仇であることをダイ達に告げ、なぜアバンを憎むようになったのか語りだします。

ヒュンケルの親はバルトスという骸骨剣士で幼いヒュンケルを育て、ぬくもりを与えてくれた男だった。
そんな中、アバン率いる勇者一行が城に攻めてきた際、バルトスはヒュンケルをかくまって戦い、命を落とします。


そしてヒュンケルはアバンが自分の父を殺した男で、いつかアバンを殺す事を生きがいとしてきた事を話すとマァムがそれに反論しますが

「正義の為に戦ったとでも言いたいのか?たとえ正義の為であろうとその力が俺の父の命を奪った事に変わりはない。俺の父は灰となって死んだ。それを正義と呼ぶなら正義こそが俺の敵だ!」

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.

とアバンストラッシュを超える技と豪語する自身の最強の技「ブラッディ―スクライド」を放とうとし、マァムが必死に「マヌーサ」でヒュンケルを攻撃しますが、全く歯が立ちません。

そしてヒュンケルがダイにとどめを刺そうとしたその時

「なんだと?バカな!」

そこにはダイ達と死闘を繰り広げたクロコダインの姿が。(まさかのワニ降臨)

そしてダイとポップに今のヒュンケルには勝てないと言い、自身の部下のモンスターにダイとポップを連れて逃げ去らせます。

「クロコダイン!食わせ者の多い6大軍団長の中でもお前とバランだけは尊敬に値する男だと思っていたがガキの軍門に下るとは失望したぞ」

「俺はただ自分が敗れた相手が他の奴に負けるのが耐えられなかっただけだ」

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.

そしてクロコダインはダイ達と戦っていた時の事を話しだし、人間の事を今まで軽蔑していたが、実はとても素晴らしいのだと気づいた事、そしてヒュンケルも同じ人間だからそれにわからないはずはないとヒュンケルに言います。

「黙れ!黙らんかぁぁぁぁ!」

ヒュンケルはワニの腹に突き立てた剣に力を込め、クロコダインにとどめを刺します。

そしてヒュンケルは部下にクロコダインに手当てをするように命令をし、気絶したマァムを連れてその場を去っていきます。

その頃、クロコダインの部下のモンスターに連れられたダイとポップはなんとかヒュンケルから逃げる事が出来ますがその前に人影が・・・

「もう、追手が来たのかよ!」とポップ。

「君はひょっとしてダイ君じゃないのかね?」(誰だこのおっさん)

とそのおっさんはダイ達に話しかけます。

第11話終了。

今回はまさかのワニ降臨でした。笑
にしてもヒュンケルとダイの間には力の差がかなりあるんですね。
やはり額の紋章が発動しないとダメなんですね。

スポンサーリンク

第11話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はヒュンケルの過去が明らかになりましたね。
そしてまさかのクロコダインが再登場。笑
もうダイ達の味方になったのか?
そして次回はヒュンケルとの決着がつくのでしょうか?

そしてネットでは「サンテレビ」というワードが話題になってますが・・・
後で調べてみようと思います。

では12話で!

ダイの大冒険は↓↓で見れます!


ダイの大冒険
スポンサーリンク
テレビブログランキング
応援よろしくお願い致します!
芸能・エンタメNews

コメント

タイトルとURLをコピーしました