東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ダイの大冒険 アニメ第71話「真竜の闘い」ネタバレ感想 ダイVSハドラー最後の戦い

ダイの大冒険
ポチっとしてくれるいい事あるかも(^^♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のネタバレ感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 61話 62話 63話 64話 65話 66話 67話 68話 69話 70話 71話 72話 73話 74話 75話 76話 77話 78話

スポンサーリンク

#71「真竜の闘い」

ハドラー親衛騎団との戦いを制し、ダイの元に戻ってきたポップたち。彼らが目にしたのは、ダイとハドラーの想像を絶するほどに激しい衝突だった。互角のパワーがぶつかり合う二人の周囲には高密度のエネルギーの熱風が巻き起こり、何人たりとも近寄ることはできない。その苛烈さは、まさに魔界の伝承にある、冥竜ヴェルザーと雷竜ボルクスが繰り広げた「真竜の戦い」の再来だった。レオナたちはダイの身を案じつつも、戦況を見守るしかなかった。
ついに二人が剣に手をかける。ダイのアバンストラッシュと、ハドラーの超魔爆炎覇、両者の必殺技の真っ向勝負だ。全員が固唾を飲んで見届けるなか、ダイとハドラーは互いに全身全霊を込めた一撃を放つ。 

引用元:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第71話


接戦を制したのは、ダイの新技「アバンストラッシュX(クロス)」だった! ダイ渾身の超必殺技を真正面から受け、地面に倒れ込むハドラー。誰もがダイの勝利を確信する。しかし、戦いはまだ終わらなかった。ハドラーは恐るべき執念で再び立ち上がり、散って行った親衛騎団の想いを背負い、自らの命を剣に変え、最後の一撃の構えを取る。ダイもまた、最後の力を振り絞り、自らの力で迎え撃とうとしていた――!

スポンサーリンク

ネタバレ感想

冒頭

ポップ達が目にしたのは、ダイとハドラーの闘気が生み出した渦。

それを同じく見ていたバーンは魔界で行われた冥竜ヴェルザーと雷竜ボルクスの戦いの再来だとキルバーンに語る。

『活目するがいいぞキルバーン。これは滅多に見られるものではない。戦う両者の力が極めて高く、しかも極めて等しい時にしかこんな状態にならんからだ。まさかあやつらがこれほどの戦いを見せてくれようとはな』

感想

ついにダイとハドラーの最後の戦いが始まりましたね。

1対1の戦いに手を出すべきではないというみんなに対し、極めて現実的な判断をし、ダイを助けようとするポップでしたが、結局レオナに言いくるめられてしまいその場を見守る事にしまいます。

これに関してはポップの方が正しいと思いました。(なぜなら人類を助ける戦いをしている中で、個人の想いを優先する事はエゴでしかないから)

またこの戦いを見ているバーン様が実にわかりやすい説明をしてくれるのはありがたかったですねww(解説:大魔王バーン様)

そしてダイは新技・アバンストラッシュアローとアバンストラッシュの合わせ技・アバンストラッシュクロスを放ち、ハドラーを撃破したかに見えましたが・・・(現場からヒュンケルがお届けしました!ww)

なんとハドラーはまだ戦えるようです。

ハドラーはポップ達の姿を確認すると、親衛騎団の全てが敗れた事を悟り、最後の力でダイの前に立ちふさがります。

ここは今までのハドラーの生き方、想いが語られていいシーンでした。

引用元:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第71話

一方ダイ君の方も体力が尽きてしまいそうですが、ハドラーのように自分も仲間に対する想いを胸に、最後の力を振り絞りライデインをその手に宿します。

果たして?

スポンサーリンク

第71話のTwiiterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おそらくもうすぐでこのダイの大冒険も終わりを迎えると思いますが、今回の作画もとても力が入っていて、スタッフ陣の気迫が伝わってきてとても良かったです。

次回も何やら凄い作画のようで、このまま最後まで是非このクオリティを保って欲しいと思います!