東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ ダイの大冒険 第58話「意外な救世主」感想 勇者一行大敗北

ダイの大冒険
この記事は約9分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第58話の感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話

スポンサーリンク

#58「意外な救世主」

絶望的な状況の中でダイが放ったアバンストラッシュは、見事にバーンに直撃した。だが、その渾身の一撃ですらも大魔王を倒すには至らなかった。再び立ち上がったバーンは、ダイの強さを認め、自らの武器を呼び寄せる。それは、魔法力を攻撃力に変えることができる伝説の武器「光魔の杖」だった。バーンの膨大な魔法力を吸い、絶大な攻撃力を持ったその杖は、ダイの剣をいとも簡単にへし折ってしまう。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話


真っ二つになった剣を見て呆然自失のダイ。ポップとマァムは全滅を覚悟するが、そんな絶体絶命の彼らを救ったのは、意外にもハドラーだった! 彼はポップとマァムを戦線から離脱させると、自らの誇りを踏みにじった大魔王に反旗を翻した。彼の決死の下剋上はザボエラによって阻まれるが、ピンチのハドラーを今度はハドラー親衛騎団の一人ブロックが救出すると、自らの身を犠牲に、主君と親衛騎団の仲間たちをバーンの前から退避させた。
こうして混戦を極めつつもいったんの幕引きを迎えた、大魔宮(バーンパレス)での戦い。海へと投げ出されたポップとマァムの頭上を、竜(ドラゴン)の騎士が生涯を終えるときに現れるという聖母竜マザードラゴンが、ダイを連れて飛び去って行くのだった……。

スポンサーリンク

感想&詳細

ダイのアバンストラッシュによって灰になり倒れた大魔王バーン。

歓喜するポップ達だが、すぐにバーンは復活してしまう。

『これほどとは思わなかった。ドラゴニックオーラ・・・攻防の力を兼備した恐るべき能力だ。素手では勝てんな』

とバーンは愛用の武器・光魔の杖を異空間から取り出し、これはロン・ベルクが作った武器だとダイに話す。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話

それはロン・ベルクがまだ魔族側に組していた時、バーンにいくつかの武器を献上した際にバーンが選んだのが光魔の杖だった。

『見るがいい、ヤツの最高傑作を。吸え!我が魔法力を』

すると光魔の杖の形状が変化していき、それを構えるバーン。

そしてダイはバーンに斬りかかっていくが・・・

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話

ダイの剣は真っ二つに割れてしまい、ダイは吹っ飛んでしまう。

それに呆然自失状態になるダイ。

それを懸命に励ますポップだが・・・

『完全に戦意喪失か。余とこれほどの時間戦えた者は今までもほとんどおらん。誇るのだな、あの世で。これがうぬらの最後の光景だ!カラミティウォール!』

とバーンは光魔の杖を使ったカラミティウォールを放つ。

とダイの前にクロコダインとヒュンケルが立ち塞がる。

『お前も同じか、クロコダイン』

『ああ、この命もともとダイ達に貰ったようなものだからな』

それに気づき2人に逃げるよう言うダイの言葉もむなしく、クロコダインとヒュンケルはカラミティウォールに飲み込まれてしまう。

『ムダだ。ムダ。一度放ったカラミティウォールはもはや誰にも止められん』

そしてポップとマァムの前にカラミティウォールが届くその直前、足元の床が何者かによって切り裂か荒れ、かろうじてカラミティウォールの余波から逃れるポップとマァムだが、そのまま海へと落ちて行ってしまう。

落下していくポップが目にしたのはあの男だった。

(まさか・・・アイツが?俺達を助けるなんて・・・)

切り裂かれた爆炎の中から現れたその男はハドラーだった。

『驚いたぞ。お前が生きていたのというのもさることながら、勇者たちの味方をするとはな、ハドラー』

『別に味方をしたわけではない。自分以外の者にダイたちを殺されたくなかっただけだ。ダイたちが死んでしまったらこの身を魔物にしてまで戦い続けてきた意味が無くなってしまう。私の生きる目標さえも』

『案ずるな。もうすぐお前は死ぬ。黒のコアはもはやお前の血肉と化しておったのだ。それを摘出してしまったは長くは生きられん。だがなにより最大の理由はお前がこの場で余に処刑されるという事だ。いかに長年、お前にチャンスを与えてきた寛大な男でも目の前の獲物をさらわれて笑っているほど甘くないぞ。したがってお前は生きがいの心配をする必要はない』

一方、ハドラー親衛騎団もハドラーの居場所を特定し、急行するが、彼らの目の前にハドラーとバーンが対峙する光景が飛び込んでくる。

『なっ?なんでハドラー様とバーン様が?』

理由はわからないがハドラーの加勢をしようとする彼らの前にミストバーンが現れ闘魔滅砕陣を発動させる。

その暗黒闘気によって動きを封じられるヒムたち。

それを逃れたアルビナスもキルバーンの鎌によって動きを制限されてしまう。

『なぜなんだよ!ミストバーンさんよ!』

ヒムの問いかけにミストバーンは

『ハドラーは勇者ダイ達をバーン様から救い逃がした。よってこれから処刑されるのだ。加勢はならぬ。主の最後しかと見届けよ』

と答え、それを聞いたヒムはこんなところでアバンの使徒たちと戦えなくなることを悔しがる。

そしてバーンはハドラーに襲い掛かるが、それを受け止めるハドラー。

驚くバーンにハドラーは

『あなたに2度殺されるのは御免こうむる。どうしても私の命奪うと言うのならこの場であなたを倒すのみだ。俺をナメるな!大魔王!』

と超魔爆炎覇でバーンを吹き飛ばす。

(バカな!?余の攻撃をはじき返した?ヤツには死して蘇るたびに強くなる不死身の肉体を与えていた。ゆえに超魔生物と化した今となってはその力は失われたと思っておったが・・・ヤツは自力で死の淵から蘇った。そして今や余に匹敵する力を手に入れつつあるというのか?)

倒れたバーンに歩み寄るハドラーにミストバーンとキルバーンがヒムたち親衛騎団の命がどうなってもいいのかと脅しをかけるが、ハドラーはアバンの使徒打倒の目的の為ならば、死を恐れるものなどひとりもおらぬと告げる。

そして同じオリハルコンの剣でバーンに襲い掛かるハドラー。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話

『少々力が増した程度この大魔王に勝てるとでも思っているのか?』

『俺の力が増しただけでは勝てまい。だが今のあなたなら話は別だ。その杖、魔法力を吸って莫大な攻撃力を生み出すものと見た。つまり握っているだけでも無尽蔵に魔法力を消費し続けるということ!』

ハドラーの剣を光魔の杖で受け止めるバーンだが、ダイの剣を折った光魔の杖がなぜハドラーの剣に通用しないのか疑問に感じていた。

そしてバーンはダイたちとの戦いで魔法力を消費していたことに気が付く。

バーンはなんとかハドラーを蹴り飛ばし、カイザーフェニックスを発動させる。

カイザーフェニックスの炎に包まれるハドラー。

しかし爆炎の中からハドラーの姿が現れる。

『本来ならこの一発で黒焦げなのだろうが、やはり魔法力が弱くなっているようだな。この機は逃さん!覚悟!』

とバーンにとどめを刺そうとしたその瞬間、ハドラーの動きが何者かによって封じられてしまう。

『ヒーッヒヒヒヒ。超魔生物改造した恩を忘れおって!ムダじゃ。ワシも動けぬが貴様も動けぬ。今です!大魔王様!』

『よくやったザボエラ』

とバーンは動けないハドラーにとどめを刺そうと光魔の杖を投げ串刺しにしようとする。

その瞬間、親衛騎団のブロックの姿が変形し、中から本当のブロックの姿が現れる。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話

次の瞬間、ハドラーとブロックの位置が入れ替わり、ブロックはそのまま光魔の杖によって貫かれてしまう。

すり替わったハドラーは親衛騎団とともにバーンパレスを脱出する。

『みんな・・・ハドラー様を頼む・・・』

ブロックの言葉に

『バカヤロー!なにがハドラー様を頼むだよ!はじめて喋った言葉がそれかよ・・・ブロック・・・』

と悔しがるヒム。

ハドラーを逃がしたバーンはブロックの性質はチェスの駒の中でもルークでその能力はキャスリングである事に気が付く。

『だが余はハドラーにとどめを刺す寸前だった。これがチェスの勝負ならチェックメイト後のキャスリングは反則だ!』

と残されたブロックの頭を光魔の杖で粉砕する。

そんなバーンたちの上空にドラゴンの騎士がその生涯を終える時に現れるというマザードラゴンが飛翔しているのを発見する。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第58話

それは海の上に落下したポップとマァムの目にも映っていた。

そして折れたダイの剣とヒュンケルの魔槍の鎧がロン・ベルクの元に帰ってきてしまう。

バーンはこれで自分達の邪魔をする者はこの地上にいなくなったと告げる。

『行くぞ。皆の者よ。世界に破滅をもたらすために』

第58話終了。


という訳でタイトルにある意外な救世主とはハドラーの事でした。

ただこれってよく考えたら他のキャラにも同じことが言えるんですよね。

ザボエラとかブロックとか・・・

作者の意図はわかりませんが、どうとでも取れるような言い回しにあえてしたんでしょうか。

だとすればセンスあるよなぁ・・・

そしてダイ君達はなんと敗北してしまいました。

マザードラゴンに連れていかれたダイ君ですが、死んでしまったって事?

結構な絶望感があった今回ですが、次回はどうなる?

スポンサーリンク

第58話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ついに敗北してしまった勇者一行。

それにしてもダイ君自分の剣折られただけで、戦意喪失って急にメンタル弱くなったのはちょっと違和感でしかなかったですね。

急にどうした?って感じwww

そして次回は大魔王バーン様のターンという訳ですね!

さあ地上を消し去ろうという訳ですね!

ダイの大冒険
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天トラベル
Amazon
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews