東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ ダイの大冒険 第54話「ハドラー対バラン」感想 バランのダイへの想い

ダイの大冒険
この記事は約7分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第54話の感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話

スポンサーリンク

#54「ハドラー対バラン」

ハドラーに埋め込まれた黒の核晶(コア)は、いつ爆発してもおかしくない代物だった。そんな超強力兵器を前に、ダイとバランはまともに攻撃を仕掛けることができない。一方で、自らの体内にそんな危険物があることを知らないハドラーは、防戦一方の親子にいら立ちを募らせ、さらに容赦ない攻撃を仕掛けていく。圧倒的に不利な戦況に追い込まれたダイとバラン。状況を打破すべく、バランは決死の賭けに出る。それは、ハドラーを倒し、黒の核晶が爆発する一瞬の間に竜闘気(ドラゴニックオーラ)で衝撃を抑え込むという作戦だ。バランはダイを遠ざけ、ハドラーとの一騎打ちを挑む!

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話


タイミング勝負のぶつかり合いで、先に技を相手に当てたのはバランだった。だが、なぜかその一刀はハドラーの首を切断することはできなかった。実はキルバーンが、バランの真魔剛竜剣に細工を施していたのだ。瞬間的な隙を突かれ、ハドラーにカウンターの一撃を叩き込まれるバラン。そんな父をかばい、ダイはハドラーの攻撃を受けて大怪我を負ってしまう。傷だらけのダイはバランに、一緒に戦うよう再度呼びかける。バランはそんな息子の姿を見て、父として、竜(ドラゴン)の騎士として、ある決意を固める――。

スポンサーリンク

感想

ダイとバランに襲い掛かるハドラー。

ハドラーの体内に埋め込まれている黒のコアのため、呪文を制限する事を余儀なくされたダイとバランは苦戦を強いられる。

そんなダイとバランにバーンパレスでその戦況を見ていた大魔王バーンはバランがハドラーの体内にある黒のコアの存在に気付いた事を見抜き、ほくそ笑む。

ダイはいっそハドラーにハドラーの体内にある黒のコアの存在を教えてあげようとするが、それをバランは制止させる。

(教えていかん。黒のコアは造った者の魔法力でも爆発させる事が出来るのだ。ハドラーが気づいたら、バーンは即座にコアを爆発させるだろう。反旗を翻したハドラーが自分の傍に来るのを拒むためにな)

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話

そしてそうなったら地上にいるポップ達は絶対に助からんとバランはダイに告げる。

バランはギガブレイクでハドラーの首を切った瞬間、ドラゴニックオーラで爆発をなんとか抑え込もうという作戦を立て、こればかりは自分しか出来ないと言い、ダイに万一のために地上に出て、仲間達を撤退させるよう伝える。

そしてギガブレイクの構えを取るバラン。

それに対し、超魔爆炎覇で迎え撃つハドラー。

(絶対に失敗しないよね?)

(ああ、絶対に大丈夫だ)

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話

ダイとバランが頭の中で会話する中、バランのギガブレイクとハドラーの超魔爆炎覇が激突する。

そしてバランのギガブレイクがハドラーの首を捕らえるが・・・

『バカな!?斬れない?』

その瞬間、ハドラーの爪がバランを襲う。

が、バランを庇ったのはダイだった。

ダイはハドラーの爪に貫かれ、倒れてしまう。

『ディーノ!』

倒れたダイに駆け寄り、回復魔法をかけるバラン。

そしてハドラー自身もなぜバランのギガブレイクが自分の首を斬れなかったのか、不思議に思っていた。

(なぜだ?なぜ俺の首はついている?バランにとっては必殺の、俺にとっては致命的な間合いだったはず。竜騎将バランが必殺技と呼ぶ一撃が、俺の首ひとつはねられらんとは思えない・・・)

そんなハドラーの前にキルバーンとピロロが現れる。

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話

驚くバランに対し、キルバーンは以前バランが自分の胴体を真っ二つに斬った際、自分の血が真魔剛竜剣につき、それが腐食させ真魔剛竜剣の威力を半減させていた事を告げる。

そしてキルバーンはピロロにハドラーの傷を治すよう言い、ハドラーの傷を治していくピロロ。

それを見ていたバランはキルバーンとピロロがハドラーの体内の黒のコアの存在を知っている事に気が付く。

そしてキルバーンとピロロはその場を去り、傷が治ったハドラーはダイの治しているバランに対し、イオナズンをぶつけるが・・・

『バカな!なんという無茶を・・・』

そこにはバランを庇い、ドラゴニックオーラで防いだダイの姿が。

更にハドラーに対し、攻撃を仕掛けようとするが、それを見ていたバランはラリホーマでダイを眠らせようとする。

『なんで・・・俺も一緒に戦うよ・・・』

『動かなければ傷は治る。お前もドラゴンの騎士だからな。治癒能力は高いはずだ』

『ひどいよ・・・どうして俺を・・・』

『子供がどう願っても親とは常にこうしてしまうものなのだ。お前も大人になればきっとわかる・・・ダイ・・・か。とてもいい名前だ。だが私とソアラがつけた名前も心の片隅で覚えておいてくれ。ディーノ。アルキード王国の言葉で「強き竜」という意味だ』

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話

そしてバランは最後の最後で人間としての感情が芽生えたのかもしれんとダイに告げ、それを聞いていたダイはついに眠ってしまう。

そしてバランは昔、自分が赤子のダイを寝かしつける事が下手だった事を思い出す。

(相変わらず寝かしつけるのが下手だな・・・)

それを見ていたハドラー。

『親よな、バラン。あくまで自分が体を張るか』

『ハドラー、覚悟するがいい。私は二度と使うまいと思った最後の力を今使う。ディーノを眠らせたのはその身を案じたからではない。かつて親子でありながら死闘を演じたこの魔獣の姿をあの子にだけは二度と見せたくなかったからだ!』

とバランはその姿を竜魔人に変身させていく。

『そうか。ドラゴンの騎士の最強戦闘形態で勝負をかけるか。よかろう。受けて立ってやるぞ!』

とハドラーが言った瞬間、ハドラーのみぞおちに竜魔人と化したバランの一撃が。

出典:ドラゴンクエスト ダイの大冒険第53話

『死ね、ハドラー!私も地獄までつきあってやる』

第53話終了。


というわけで今回の話ではバランがダイへの親としての想いを伝えるシーンなどがあり、とても良かったですね。

あれだけ親子喧嘩してたバランがついにダイに歩み寄ったという感じでしょうか。

そしてこれはもう死亡フラグとしか考えられないですが、バラン様はひょっとしてハドラーと相打ちという流れですかね?

それだとハドラーと因縁があったダイもハドラーと決着もつけられずじまいという結末になりますが、どうなんでしょうか。

スポンサーリンク

53話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

次回でハドラーとバランの戦いに決着がつきそうです。

それにしてもハドラーの中身の成長とともに外見も成長しているというのがわかるこのツイート。

ダイの大冒険ももう放送開始してからもう1年経つんですが、これを見ると確かに感慨深いですなww

ダイの大冒険
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天トラベル
Amazon
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews