東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ダイの大冒険 アニメ第76話「正義の快進撃」ネタバレ感想 ついに見限られたザボエラ

ダイの大冒険
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の76話のネタバレ感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 61話 62話 63話 64話 65話 66話 67話 68話 69話 70話 71話 72話 73話 74話 75話 76話 77話

スポンサーリンク

#76「正義の快進撃」

アバンの破邪の秘法によってついにバーンパレスの門は開かれた。しんがりを務めるヒュンケルに背中を預け、ダイたちは城内へと突入する。
しかし、激戦に次ぐ激戦で、ポップは体力も魔法力も底を尽きかけていた。アバンは一時休憩を提案。攻撃用の金の羽「ゴールドフェザー」とは異なる、回復用の「シルバーフェザー」でダイとポップの魔法力を回復し、その間にレオナと二人で城内の探索へ出発する。弟子たちの前を離れたアバンは、レオナにだけとある願いを伝えるのだった。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第76話


一方そのころ地上では、一致団結した人間たちがザボエラのモンスター軍団を圧倒していた。形勢の不利を悟ったザボエラはミストバーンを利用して撤退しようとするが、ミストバーンはそんな企てを一蹴。ザボエラを置いて一人バーンパレスへと帰還する。クロコダインは残されたザボエラに降伏を進めるが、ザボエラは切り札を発動。虫の息だったモンスター軍団を皆殺しにしてその死骸を自らのもとに集め、「超魔ゾンビ」と化したのだ。すぐさま超魔ゾンビを攻撃するロン・ベルク。しかし、彼の剣は超魔ゾンビの強靭な肉体によって砕け散ってしまった……!

スポンサーリンク

冒頭&ネタバレ感想

冒頭

アバンの秘法によってバーンパレスの門が開かれ、先に進むポップたち。

ダイはアバンの力を目の当たりにし、アバンにある想いを伝えることに。

『先生、ありがとう。俺…今心の底から思ったんだ。先生が助けに来てくれて本当に嬉しいって。これと同じ門を俺と父さんが力を合わせて砕いたんだ。今度はこの門を俺、どうやって砕こうってそればかり考えちゃってた。でも開こうと思えば開かせる手段だってこの世にはあったんだよね。俺、今こそ確信が持てたよ。やっぱり力だけが正義だっていう大魔王バーンは間違っている。先生のおかげでそれが信じられるようになった』

『そうですね。力がないのも困りますが、力だけが全てではない。知恵や心も強さのひとつなのですから。さぁ、本当の戦いはこれからです。急ぎましょう!』

とダイを先に向かわせるアバン。

そんなアバンが振り返ると、そこには無数の敵を足止めしているヒュンケルの姿が。

ヒュンケルと目があったアバンは一礼をして先に進みます。

感想

今回はアバンと合流したダイたちはアバンはこんな人間だったなと改めて思い知らされるようなシーンもあり、最後の決戦を前に意外でしたね。(まるでピクニックのようなw)

この辺りはやはり年の功というか経験がダイたちよりあるアバンならではと言ったところでしょうか。

そして地上のミストバーン&ザボエラVS連合軍の方にも動きがありました。

ミストバーンとザボエラの問答も完全にザボエラが論破されていて…草

そしてミストバーンはバーンパレスに帰り、残されたザボエラは瀕死のモンスターにとどめを刺し、その身体を超魔生物2と化して連合軍に襲い掛かります。

出典:アニメ・ドラゴンクエスト ダイの大冒険第76話

ミストバーンとも互角に渡り合ったロン・ベルクの剣を折ってしまったザボエラの超魔生物2。

果たしてロン・ベルクたちは勝てるのか?

スポンサーリンク

第76話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【ダイの大冒険】の第76話のネタバレ感想でした。

ザボエラのこの超魔生物2ですが、どうやら読者から募集した中から選ばれたモンスターみたいですね。

名前は【ハイパー・ザボエラ】と言うんだそうで。

原作者の三条先生も絶賛してますね!