東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ ダイの大冒険 第30話「ポップの覚悟」感想 絶体絶命のポップが仲間を救うために・・・

ダイの大冒険
この記事は約7分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

アニメ「ダイの大冒険」の第30話が放送されました。
前回ではついに竜魔人となったバラン。
今回はその続きになります。

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.
アニメ ドラゴンクエスト ダイの大冒険公式HP30話より引用

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 
31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話  45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話

スポンサーリンク

#30「ポップの覚悟」

竜魔人と化したバランの強さは想像を絶していた。バランはポップたちを次々に打ちのめすと、竜(ドラゴン)の騎士の秘呪文ドルオーラで止めを刺そうとする。全員が死を覚悟したそのとき、戦いの場に、竜(ドラゴン)の紋章に導かれて地下牢を抜け出してきたダイが現れる。紋章の共鳴によってバランが父であることを悟るダイ。どうしても阻止したかった父子の対面が実現してしまう最悪な状況の中、ポップの脳裏にある逆転の一手が浮かぶ。それは師アバンがハドラーとの戦いで使った、自らの命を引き換えにはなつ呪文メガンテだった。ポップは全生命エネルギーを込めて呪文を唱える。その大爆発を目の当たりにしたダイは、ついに失っていた記憶を取り戻したのだった。


しかし、ポップ最期の大魔法でもバランを傷つけることはかなわなかった。ポップの亡骸を無造作に放り、泣きながら向かってくるゴメちゃんをもぞんざいに弾き飛ばすバラン。彼の理不尽な振る舞いに、ダイは怒りを爆発させる。バランは再びダイの記憶を奪おうとするが、ダイは必死に抵抗し、右手を天に掲げると、その拳でバランを強く殴りつけた。その右手の甲には、竜(ドラゴン)の紋章が輝いていた。(アニメ ダイの大冒険公式HPより参照)

スポンサーリンク

感想

ヒュンケルの説得にブチ切れたバランは禍々しい竜魔人に変身。

その姿を見たヒュンケルはポップに城の中に逃げるよう言い、ポップは戸惑いながらも城の中に向かおうとしたその時

バランの一撃がポップの肩を貫きます。

倒れこむポップ。

ラーハルトに自分の秘密をヒュンケルに話されて激おこのバラン様。

それを見たクロコダインとヒュンケルがバランの前に立ちふさがりますが竜魔人と化したバランの前に全く歯が立ちません。

そしてバランは上空に舞い上がり「ドルオーラ」で一網打尽にしようとしますがその時記憶を失ったダイが現れます。
「ドルオーラ」をやめ、ダイの前に降り立つバラン。

ダイは自分を呼んでいたのはバランなのか問いかけ、それにバランはそれを肯定し、自分がダイの父親である事をダイに告げます。

それでもバランの竜魔人化した姿を見てドン引きするダイ。

半信半疑のダイにバランは額の竜の紋章を使って納得させようとします。

そしてバランは自分の父親と信じてしまったダイの前にポップが立ち上がります。

ダイをバランの元に行かせたくないポップですが、それにまたしてもバランがブチ切れます。

そしてバランは一歩また一歩とダイとポップの元に近づいてきます。

なんとしてもダイをバランに渡したくないポップは今の自分に何か打つ手はないか必死に考え、師匠のアバンの最期を思い出します。

何かをひらめくポップ。

そしてポップは近づいてくるバランに素手で殴りかかろうとします。

バランがポップに拳の一撃を繰り出した瞬間、バランの拳の先にはポップの姿はなくポップのマントが。

ポップは飛び上がり、バランの頭に両手を突き立て、ある魔法を発動させようとします。

ポップはダイやみんなのために自己犠牲呪文の「メガンテ」をバランにぶつけようとします。

ヒュンケルやクロコダイン、レオナが止めようとする中、ポップは仲間に別れを告げると

『俺の冒険は・・・ここまでだぜ』

と言い残し、メガンテを発動させます。

そのさなか、アバンを「メガンテ」で失った時と同じ悲しみがダイの中で生まれ記憶が戻ります。

『ポップ~~~!』

だが結局ポップの「メガンテ」もバランには通用しませんでした。

バランは「メガンテ」の発動前に、僅かに出来たポップの隙をついて両手を外し「メガンテ」の直撃を防いだのです。

バランはポップにとどめを刺そうと電撃を放ちますが、それをダイが背中で受け止めます。

それを見たバランは再び竜の紋章を使って、ダイの記憶を操作し記憶を消し去ろうとしますが、ダイはそれに激しく抵抗します。

そしてダイはバラン目掛けて殴り掛かります。

バランの顔に見事に直撃。

驚くバラン。

そのダイの手には竜の紋章が。

激しく動揺するバラン。

第30話終了。

今回は神回でしたね。

ポップはメガンテ後の姿が描かれている事からおそらく生きているんでしょうね。

そしてダイの記憶も戻り、なぜか竜の紋章が手に移動するという現象が。

バランも驚いてましたが、何か意味があるんでしょうかね?

スポンサーリンク

30話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このダイの大冒険ではダイの成長もそうですが、このポップの能力や何より人間性の成長の部分もあるので、感情移入しやすいですよね。

あんなのヘタレだったポップが仲間の為に率先して行動するなんて、昔なら考えられなかったよね~。

そして次回はダイとバランの親子喧嘩!

ダイの大冒険
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonからお得なお知らせ
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews