アニメ 東京リベンジャーズ 第9話「Revolt」感想 【悲報】ドラケン刺される

東京リベンジャーズ
この記事は約3分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会
TVアニメ東京リベンジャーズ公式HP第9話より引用

アニメ「東京リベンジャーズ」の第9話が放送されました。
前回はマイキーとドラケンのケンカを阻止した事によって内部抗争によるドラケンの死が回避できたかに思えたが、未だドラケンが狙われている事を知ったタケミチ。
今回はその続きになります。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

スポンサーリンク

#9「Revolt」

ナオトからの情報を頼りに、ドラケンの死に場所とされる駐車場へと駆けるタケミチ。そこでは、たった一人で愛美愛主と戦うドラケンがいた。タケミチと三ツ谷は、孤軍奮闘するドラケンを見つけ加勢しようとするが、敵の数の多さに圧倒されてしまう。そんな中、駆け付けたマイキーの前には「ドラケン狩り」を画策した黒幕が姿を現した。”アニメ 東京リベンジャーズ公式HPより引用”

脚本:むとうやすゆき / 演出:山内 愛弥 / 絵コンテ:山内 愛弥
総作画監督:大貫健一、太田恵子 / 作画監督:高橋 敦子、首藤 武夫、柑原 豆真、神垣 弥生、UEC Co., Ltd、Lim.S .K

スポンサーリンク

感想

今回は愛美愛主(メビウス)と東卍の抗争が起こってしまいました。

その中で登場したのが、愛美愛主の総長代理の半間修二。

こいつは原作でもそうでしたが、何を考えてるのかわからないキャラです。

どことなく『七つの大罪』のバンに見た目が似ているような気がします。笑

そしてドラケンを襲った裏切り者のぺーやん。

その心情は先日の愛美愛主の総長・長内たちとの抗争において、パーちんが長内を刺してしまい、それをマイキーたちが救おうとしなかったため、パーちんを見捨てたと思い込んでしまったがための凶行だったんですね。

ぺーやんはパーちんのことが大好きなので♪

マイキーはぺーやんに殴られながらも、『俺がパーちんが捕まって笑ってるように見えるか?』

とぺーやんに語り掛けるシーンが良かったですね!

で!!

タケミチが抗争のさなかにモタモタしている間に、ドラケンがキヨマサに刺されてしまいました・・・。

逆恨みもいいとこだぞ、キヨマサ!

スポンサーリンク

9話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は原作では描かれなかった東卍の副総長たちもさりげなく登場していましたね。

まあこれからのストーリーにかなり絡んでくる連中なので・・・。

そしてドラケンがクズのキヨマサに刺されてしまいましたが、果たしてどうなる次回!

最悪の未来は回避できるのか?

タイトルとURLをコピーしました