日曜劇場 ドラマ ドラゴン桜 第2話感想 バドミントンに人生を賭けてきた楓だが・・・

スポンサーリンク
ドラゴン桜
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

日曜劇場「ドラゴン桜」の第2話が放送されました。
第1話の印象としては【日曜劇場】感と【半沢直樹】臭が出ていたようなドラマだったと感じました。

桜木役の阿部寛さんは好きな俳優さんなので、1話を観てみましたがやはり安定の演技で安心しました。
では2話の感想を述べていきたいと思います。

©TBS/日曜劇場ドラゴン桜
スポンサーリンク

#2あらすじ

龍海学園に東大進学を目指す特別クラス・東大専科が設立された。専科の設立も桜木(阿部寛)のやり方も気に入らない理事長の久美子(江口のりこ)は、桜木にこれ以上問題を起こさせないよう、教頭の高原(及川光博)に釘を刺す。
バドミントン部員の楓(平手友梨奈)は、大学推薦をかけた大事な大会を前に追い詰められていた。調子の上がらない原因は、コンビニでの万引きを桜木に見られたことだ。そんな楓に桜木は「お前に大会は無理だ」とだけ告げる。

©TBS/日曜劇場ドラゴン桜


一方、東大専科には、弟に劣等感を持つ天野(加藤清史郎)に続き、飽きっぽい自分を変えたいと思う菜緒(南沙良)もやって来る。水野(長澤まさみ)は2人の加入を喜び、さっそく学力テストを行うのだが…”日曜劇場「ドラゴン桜」公式HPより引用”

スポンサーリンク

2話のストーリーの流れ&感想

桜木の行動

岩崎楓がバドミントンの試合に向けて体育館で練習をしていると、同じクラスの瀬戸輝が現れ、楓がコンビニで万引きをした事を謝りにコンビニに行ったら既に桜木からお金を払ってもらっている事を聞かされる。

そして桜木がその万引きしたお金を上乗せしてコンビニに返した見返りに防犯カメラの映像を持って行った事を知った楓は桜木の目的が何なのか不安になる。

楓への脅迫

楓はバドミントン部でもうすぐ試合があり、学校はそれで盛り上がっていた。

しかし、楓のロッカーに【お前のした事は知っている。万引き女】と書かれた紙が貼られていた。

楓は輝にこの事を相談し、万引きの事実を知っている桜木の仕業だと思い桜木を呼び出し事実を確認すするが、逆に桜木は楓にバドミントンの試合には出ない方がいいと謎めいた忠告する。

楓に影響される早瀬

試合が近くなるにつれ、練習はよりハードなものになり、学校中が注目するが楓の同級生の早瀬菜緒は楓の頑張りの感動し、桜木の東大専科の入ろうと水野の元を訪れる。

が、水野が出したカリキュラムのあまりのハードさに早瀬と1話で東大専科に入った天野晃一郎は辞める事に。

桜木に問い詰められる輝

放課後、水野と桜木が輝の母親のやっているラーメン屋に。

そこで桜木は輝に1話で水野に対しての動画をネットに編集して流したのはお前だろと問い詰められる。

輝はそれには答えず、逆に桜木にコンビニの防犯カメラの映像を手に入れてどうするつもりだと聞き返すが、それには同じく答えない桜木。

学校での火災

水野の携帯に連絡があり、学校で放火があったと聞かされた水野は急いで桜木を連れ、学校に行くことに。

学校では消防車や野次馬たちが群がっており、水野はそこで出前に行ったはずの輝を目撃する。

水野が輝の声を掛けると輝は出前の帰りでサイレンが鳴ったから立ち寄ってみたと答えるが、それを黙ってみている桜木。

水野達が学校内に入っていくと、桜木が教室で寝泊まりしているテント内から出火した事が判明。

校長を含めみなが桜木に問い詰められると、桜木はやったのは自分でおそらくタバコの消し忘れだと白状しそれに驚く水野。

校長は桜木に謹慎するよう言い渡し、それに素直に従う桜木。

楓と両親

楓の家では両親ともにバドミントンの有名選手だった。

楓には自分達が成しえなかったオリンピックへの夢を楓に託していた。

学校で火災があった事を心配して母親から大丈夫だったか聞かれるが、楓は一人になりたいと言い自分の部屋に。

出火時の防犯カメラ

早瀬と天野が東大専科を抜けたことにより、加入者はゼロに。

そんな中、教頭の高原から水野に出火時の学校入り口付近の防犯カメラをチェックしたら意外な人物が映っていることを聞かされる。

水野はその映像に映っていた人物・瀬戸輝に話を聞きに行くことに。

輝は自分を疑うのはさすがに傷つくと言い、自分ではないと水野に伝え、水野はそれを信じもう一人カメラに映っていた人物に話を聞きに行くと言い、輝の元を去る。

バドミントン部の試合

そしてついにバドミントン部の試合の日。

会場に訪れた楓たちは他の高校の生徒たちから楓に向けてよくこの会場に来られたなと言われ、それを問い詰めると、会場のトイレに楓を中傷する紙がそこら中に貼られていた。

愕然としながらそれを剥がしていく楓。

一方、学校では輝が放火した犯人だと教師たちに告げ、輝の今後をどうするか話し合っていた。

そして始まった試合。

楓と楓の次に期待されている清野は順調に試合を優位に進めていく。

が、ある場面で楓と清野が激突してしまい、楓は足を悪化させてしまう。

足のケガを庇いながら試合をするが、やはり足が思うように動かない楓。

清野は楓に自分が前に出るからと楓を後ろに下がらせ、試合を進めますが、バドミントンのコーチの宮村は試合を棄権すると宣言する。

それに反対する楓だが、宮村はこの方が大学のスカウト陣にも印象がいいと楓を説得する。

テーピングをしてまた試合に出ようとする楓の前に、桜木が現れ再度試合に出るのはやめるよう警告するが、楓は絶対に試合に出る、万引きの事も言いたければ言えばいい、証拠ももうないんでしょと桜木に言うが、それを聞いた桜木は楓に放火した犯人はお前だろと言い、楓を庇って輝が学校側に自分がやったと自白した事を話します。

輝は楓を庇っているのかもと言う桜木に楓は火災当日の事を思い出す。

火災時の真実

楓は桜木が持って行った防犯カメラの映像を手にいれる為、夜の学校に忍び込み、桜木の寝泊まりしているテントから防犯カメラの映像の証拠を探すが、見つからない。

あせった楓はすぐそばにあったライターでテント自体を燃やす行動に。

急いで学校を出ようと階段を降りていくと、同じく桜木の防犯カメラの証拠を探しに来た輝と出くわす。

楓が思わず落としてしまったライターを手に取った輝は学校中に響き渡った火災ベルを聞き、全てを悟る。

楓のケガ

試合でケガしたかに思われた楓のケガだが、もっと前から足を痛めていた事が判明。

駆け付けた楓の両親からなぜ足を痛めていた事を黙っていたのか、問い詰められ謝る楓。

そこに楓のスマホに着信が。

楓が出ると、清野からでケガの症状を聞かれ、半月板損傷である事を伝えるがその場にいた大学のスカウトの柏木から半月板損傷ならすぐに復帰は難しいの大学の推薦は清野になった事を聞かされる。

それに愕然とし、憤慨して楓を責め、その場を去っていく楓の両親。

その後、楓は火災の事で警察に自首しに行くと桜木に言うが、その心配はないと桜木は楓に言い、全ては自分のタバコの不始末という事で警察にて事情聴取済みだと告げます。

輝も罪に問われることはないと言い、安心する楓。

仕組まれていた真実

楓は桜木にバドミントンを失った自分がどうしたらいいかわからないと言うが、桜木は自分の事は自分で決めろと突き放す。

そこにバイクで現れた1話の不良の1人・岩井が桜木から【ある事】を頼まれていてそれを確かめるために楓をバイクに乗せ、桜木は学校の体育館に。

そこにはもう一人の不良・小橋の姿が。

小橋からスマホを渡された桜木は小橋に頼み、なぜか鍵をかけていた体育館のドアを開けるとそこにはコーチに宮村と清野の姿が。

こんなところに閉じ込められた事を責めてくる宮村に対し、桜木は小橋から受け取ったスマホの動画を見せる。

そこには隠し撮りされた宮村と清野の楓を陥れる会話だった。

コーチの宮村と清野は内緒で交際?していて、清野がどうしても大学の推薦が欲しい事を知っていた宮村はわざと楓に対し、足が悪化するような過剰な練習を楓だけに課していた。

それを聞いた楓は愕然とし、清野を見るが目を会わせない清野。

動画を見せられ更に憤慨する宮野。

それに対し桜木はコーチとして以前に人間として落第だと言い放つ。

楓の今後

楓と桜木は教室にいた。

楓はいつから足のケガに気づいていたのか聞くと、最初に学校の階段で楓がバランスを崩し、それを桜木が支えた時だと告げ、万引きした映像を全て処分してあると楓に言います。

桜木から過去に自分も万引きしたりして、どうしようもない不良であった事を聞かされた楓はそこからどうやって立ち直ったのか聞くと、桜木は『勉強』だと楓に言い、勉強が自分を救ってくれたと話しそれを黙って聞く楓。

そしてバドミントン部は見事優勝。

その後、桜木の元を訪れた楓はようやく自分の進む道を決めたと言い、東大専科に入る事を告げる。

それに桜木はオリンピック選手になるより東大に入る方が遥かに簡単だと楓に笑いながら言います。

桜木と米山

桜木は音信不通になっていた過去に自分が自殺未遂に追い込んだ米山と喫茶店で会っていた。

桜木は米山を自殺未遂まで追い込んだ自分を戒めるため、教師から退いていたが、龍海高校で再び教師として教壇に立つことを米山に許して欲しいと言います。

それに対し米山はもう過去の事であの時の自分はどうかしてた、むしろ謝りたいのはこちらだと桜木も申し出を承諾します。

その後、米山は水野の知り合いでIT企業の社長でもある・坂本に会っていた。

『・・・って言っておきました。だって好都合でしょ。桜木先生には復活してもらった方がこっちだって動きやすいし』

面白くなってきたなと言う坂本に

『必ず叩き潰しますよ・・・あいつだけは』

不気味に笑う米山。

2話終了。

感想

2話は楓の事がメインになっていましたね。

楓役の平手友梨奈さんは元アイドルなのに、演技も上手でバドミントンの描写もとても素晴らしかったですね。

何か才能とはこんな感じなのかなと思いました。

で今回もやはり【半沢直樹】でした。笑

見ていてスカッとする感じがとても似ているなと感じます。

で桜木演じる阿部寛さんを見ていると、最近モノマネの芸人で阿部寛さんのものまねをしている芸人の方を思い出して笑ってしまう場面もありました。

あの人凄く似ているのでそちらも見てみて下さい。笑

【あさチャン出演!】阿部寛が番宣するとしたらこう【ドラゴン桜】
スポンサーリンク

2話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はやはり【半沢直樹】なドラゴン桜でした。笑

それが悪いとか言っている訳ではないのですが、どうしてもその感じが出ていて少し今後の展開も気になる部分ではあります。

物語も何やら桜木に自殺未遂まで追い込まれた米山が次回に登場する場面が次回予告で流れていましたが、今後どのような展開が待ち受けているのでしょうか。

『ドラゴン桜』5/9(日) #3 東大専科、授業開始!! 落ちこぼれvs学園トップの秀才【TBS】

『ドラゴン桜』は1話~最新話までParaviで配信中!まずは2週間無料体験!

ドラゴン桜
各種動画サービスやオンデマンド無料トライアルはサイドバーから登録可能です♪
『ナラコレ!』は色んな商材や生活に役立つ情報を配信しているサイトです♪
良かったらこちらも覗いてくださると嬉しいです(^^♪商品レビューやランキングなども御座います♫
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました