東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【斎藤工主演】ドラマ 漂着者 第6話 感想 ヘミングウエイは未来を変えられる?

漂着者(全9話)
この記事は約5分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ドラマ「漂着者」の第6話の感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

#6 あらすじ

幼稚園バスの運転手を殺害し、13人の園児を拉致・監禁していたのは、ヘミングウェイ(斎藤工)の婚約者を名乗る謎の女・古市琴音(シシド・カフカ)と外国籍の男女だったことが判明。それと同時に、琴音を監視対象としてマークしていた公安が、外務省からの横やりで撤収させられていたこともわかる。彼女に関するすべてのデータが破棄される中、監視を続けていた刑事によると、琴音の自宅にNPO法人『しあわせの鐘の家』の代表・ローゼン岸本(野間口徹)が出入りしていたという…。

 刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)は、ヘミングウェイが幼い娘が失踪した過去を言い当てたことに激しく動揺しながらも、部下の野間健太(戸塚純貴)とともに、重要参考人としてローゼンを警察に引っ張るため、『しあわせの鐘の家』に向かう。しかし、そこになぜか総理大臣が現れ、あっさり追い払われてしまう。
 テレビで総理大臣と公開討論をしてほしいと言われたヘミングウェイは「なぜ記憶もない自分が政治に利用されるのですか」とローゼンに反論するのだが、「むしろヘミングウェイ様が総理を利用するのです」と諭される。ローゼンの狙いが何なのか、まったくわからないヘミングウェイは、彼の正体に疑問を持ち始めるのだが…?

 一方、新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)は、ヘミングウェイが祈る姿が収められた動画を専門家に検証してもらうが、一切細工は施されていなかった。ヘミングウェイのように影響力のある人物が妄信的な人々に向かって何かを発信すると、それは世界を動かすほどの集団催眠になることもあるという専門家の言葉に、詠美はジャーナリストとして確固たる証拠を集めて、この荒唐無稽な話を否定する、と意気込む。しかし、社会部キャップの橋太(橋本じゅん)は、何度も危険な目に遭っている詠美を危惧し、すべてを忘れて手を引くよう進言する。
 しかし、諦めきれない詠美は、海岸近くの漁村へ…。長年そこで暮らしている老人は、これまでに足首にヘミングウェイと同じタトゥーの入った水死体が流れ着いたことが何度かあると語り始める。

 その日の深夜、詠美が自宅で仕事をしていると、突然ヘミングウェイが訪ねてきて…!?

引用:テレビ朝日HP

感想

今回から2部が開始されました。

相変わらず謎を詰め込み過ぎている感はあるので、整理するのが一苦労です。笑

そして今回もいくつか動きがありました。

6話の流れ

・詠美はヘミングウエイが祈る動画を心理学の先生に見てもらうと暗示がかかるようなサブリミナルなどの細工はされていなかった
・詠美の上司・橋太は詠美の父親と面識があった
・琴音が死んだ事により、公安が盗聴していた琴音邸の内情を柴田らが知る事になり、ローゼンが琴音の家を訪れていた事がわかる
・柴田らはその事をローゼンに問いただしにしあわせの鐘の家を訪れるが、ローゼンはあっさりと白状し、琴音とはいとこ同士だという事が判明
・ローゼンの元に現総理大臣・宮部が訪れ、ヘミングウエイとの対談を希望
・ヘミングウエイは後宮教授の論文から自分が第6感つまり予知能力の遺伝子を継承している事を知る
・柴田と詠美の上司の橋太は古い友人
・詠美の家にヘミングウエイが来訪。お酒を飲みながら一夜を共にする
・詠美が寝ている間に新たな予知をするヘミングウエイ
・最初の予知は詠美を不幸にする気がして、それを詠美の手帳のポケットに忍ばせる
・そして次の予知の絵を手帳に書く
・宮部総理とヘミングウエイの対談の日にヘミングウエイは総理に「あなたはこれから先、日本のなんの役にも立てない」と告げる
・その理由を総理が問うとヘミングウエイは「総理、あなたはもうすぐ死ぬんです』と告げる
・対談会場に記者として出席していた詠美が自分の手帳を見るとそこにはヘミングウエイが書いた絵が
・その絵の意味がわかった詠美だったが、総理は上から照明が落ちてきて死亡
・その後、詠美はヘミングウエイに総理が死ぬことを予知出来たのなら、助ける事も出来たのではないかと問い詰める
・その詠美に対し、ヘミングウエイは詠美の手帳に忍ばせた最初の予知の絵を見るよう言い、それを見た詠美は驚愕する
・そこには詠美の上司・橋太が鉛筆で宮地総理を刺し殺す絵だった
・ヘミングウエイは詠美の為を思って未来を変えてしまったと告げる

という今回の流れでした。

今回で一番謎だったのが詠美の上司・橋太が宮地総理を刺し殺すという未来(実現はしなかったが)でした。

何やら橋太にも謎がありそうです。

そして気になったのが宮部総理がしあわせの鐘の家を訪れた際、柴田が去り際に見た描写。

それは宮部総理があのポーズをしていた事です。(手をクロスさせるやつ)

てことは総理もヘミングウエイの関係者?というか仲間だった?

そしてあとヘミングウエイの予知能力なんですが、これってヘミングウエイの裁量次第で未来が簡単に変えられるって事でいいんですか?笑

こんなんで?笑

第6話のTwitterの反応

まとめ

いかがでしたでしょうか。

謎は深まるばかりで若干混乱していますが、一応最後まで見てみようと思っています。

ドラマの雰囲気とかは割と好きなので、このまま最後まで行って欲しいです。

あとヘミングウエイは本当は悪人という説はまだ捨てていません。笑

漂着者(全9話)
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonベストセラーランキング(DVD)
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました