アニメ 呪術廻戦 第19話感想【悲報】狗巻先輩倒れる

スポンサーリンク
呪術廻戦
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

アニメ「呪術廻戦」の第19話が放送されました。
前回は団体戦の最中、特級呪霊「花御」が現れ生徒たちに襲い掛かるところまででした。
では感想などを述べていきます。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
スポンサーリンク

#19「黒閃」

交流会に突如乱入し、襲い掛かる特級呪霊・花御。対峙する伏黒、狗巻、加茂は花御の攻撃を防ぎながら、帳の外に向かって走る。追い詰められる3人だったが、そこに真希が参戦し、伏黒との連携で攻め立てる。しかしそれでもなお、特級呪霊である花御の圧倒的な戦闘力を前に窮地に立たされてしまうが――。(出典元:アニメ呪術廻戦HPより

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
スポンサーリンク

感想

今回は花御と高専の生徒たちとの戦いがメインでした。
狗巻先輩・・・倒れちゃいましたね。
言霊の強さによって体にかかる負担が大きいんですね。
そして虎杖が必殺技らしき技【黒閃】を繰り出しました。
改めて感じるのはバトルシーンの描写が凄いと思います。


・・・虎杖と東堂っていつの間にか兄弟同士になってたのがツボでした。笑

スポンサーリンク

19話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この制作会社「MAPPA」は映像のクオリティが凄くて有名なのですが、バトルシーンでその凄さが改めてわかりますね。

ちなみに鬼滅の刃のアニメもこの「MAPPA」が手掛けています。

で、次回はとうとう東堂の術式が見られそうです!

果たしてどんな術式なのか!

ではまた20話で!

呪術廻戦
スポンサーリンク
テレビブログランキング
応援よろしくお願い致します!
芸能・エンタメNews

コメント

タイトルとURLをコピーしました