アニメ 呪術廻戦 第1話の感想 ネタバレあり 原作未読視点での感想!

スポンサーリンク
呪術廻戦
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

今季のアニメはチェックしていたのですが、ある夜たまたまやっていた深夜アニメの「呪術廻戦」というのを見てしまい

「なんやコレ!めっちゃ面白いやん!!」

となってしまい、今更なんですがこの「呪術廻戦」のアニメの感想を述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

1話の登場人物

虎杖悠仁

東京都立呪術高等専門学校一年。呪いの王、両面宿儺猛毒に耐えられる千年生まれなかった逸材。それを使命と受け入れ、自ら呪いを廻る戦いに身を投じていく。

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

東京都立呪術高等専門学校1年。2級呪術師として入学した天才で、一年ながら唯一単独行動が任務が許されている。過去のある経験から、自分自身が大切に想う者を守るという信念を持つ。

両面宿儺(りょうめんすくな)

千年以上前に生存し、死後もなお現世を脅かす呪いの王。呪術全盛の時代、術師が総力を挙げたが彼に敗れた。指を取り込んだ虎杖の体に受肉し、人類塵殺を高らかに謳う。

五条悟(ごじょうさとる)

東京都立呪術高等専門学校の教師。軽薄でマイペース。常日頃から周囲を振り回すが、自他ともに認める最強呪術師。強き仲間となる次世代を育成し、呪術界の未来を見据える。

スポンサーリンク

#1「両面宿儺」のあらすじと感想

4.3

並みはずれた身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁。祖父が死んだ夜に呪術高専一年の伏黒 恵と出会う。 彼は、虎杖の持つ“呪物”を回収しに来たというが、ちょうどその“呪物”は虎杖の先輩らによって封印が解かれていた。“呪物”が引き寄せた、呪いの化け物に襲われる先輩たち。そこに虎杖と伏黒が駆けつける。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

このアニメは簡単に言えば男子大好きなバトルモノなアニメですね。
主人公・虎杖悠仁はひょんなことからこの世の「呪い」というのがある事を知ります。
そして同じ高校生の伏黒恵と出会い、オカルト研究部が興味本位で特級呪物“両面宿儺の指”の封印を解いてしまったことで、恵とともにその呪いの化け物と戦うのですが、呪力を持つ者でしか呪いの化け物は倒せないと恵に言われ、それならばとこの特級呪物“両面宿儺の指”の食べてしまいます。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

そして呪いの化け物を倒すことに成功した悠仁だが、その特級呪物の本体「両面宿儺」に取り込まれてしまいます。

だが悠仁はその両面宿儺を自身の意思で抑え込むことが出来てしまい、驚く恵だが呪術規定で悠仁を殺さなければならない。

そこに軽いノリの目隠しした男性・五条悟が現れ、悠仁を気絶させ、なんとか悠仁を殺さないでほしいと頼む恵を残し、悠仁をどこかに連れ去ってしまいます。

もともと漫画で連載されているのをアニメ化したものですが、出だしからのめりこみ易い話になっていてとても面白かったと思います。

キャラクターもとても魅力的だし、何より映像がきれい!!

とても力が入っていて原作愛みたいなのを感じました。(まぁ原作は未読ですが)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は原作未読なのですが、アニメは次が気になるような話の展開だったのでとても面白く、また映像がとてもキレイでバトルシーンなどはかなり迫力があって興奮します。
この先どうなるか全くわかりませんし、あえて原作を読む事もしないので普通に物語を楽しんでいけたらと思います。

ちなみに五条先生はいいキャラしてますね。(最強だし)

では第2話で!

呪術廻戦はdTVで見ることができます!今なら31日間無料!

呪術廻戦
スポンサーリンク
テレビブログランキング
応援よろしくお願い致します!
芸能・エンタメNews

コメント

タイトルとURLをコピーしました