ドラマ 極主夫道 第5話感想 車に轢かれた龍はその後・・・ネタバレあり

この記事は約5分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

極主夫道の第5話が放送されました。
前回の最後に車に轢かれて倒れてしまう龍。
その後どうなったのでしょうか。
また感想などを述べていきます。

スポンサーリンク

あらすじ

別居状態になってしまった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。そんな矢先、龍が交通事故に遭う――。
一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。美久が龍に電話をかけても、留守番電話になるだけだった。向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

おおのこうすけ/極主夫道©日本テレビ

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。
江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる――!
雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。
雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。
雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

おおのこうすけ/極主夫道©日本テレビ
スポンサーリンク

感想

3.9

今回は龍と美久の結婚秘話の回でしたね。
自分がいる事で美久に迷惑をかけているかもしれないと龍が車に轢かれた後もフラフラになりながら家には帰らず行方不明に。

美久は帰らない龍が自分に愛想をつかし出て行ってしまったと後悔します。

そして2人が出会う前に物語は進んでいきます。
こうして出会ったんですね、龍と美久は(レストランのくだりはちょっとウケました)

そして龍が行方不明で数日経ったある日、ゆかりがいつも見ているインスタでフォローしているアカウントに龍が映っているのを発見し

「なに?このインスタアイツのなの?ヤバ!え、ヤバいんだけど!」

そこには鯛を抱えて笑っている写真などが写っており、それを雅は虎二郎に見せると

「ワレェホンマに極道か?酒、鯛ときてわからんかのぉ。これは盃事じゃあ!アイツは極道に戻るつもりじゃ」

盃事ってなに?ってまず思いましたが、その後の話を聞いてなるほど!と思いました。

雅はみなを集め、龍が極道に戻ろうとしている事を伝え、家族をこんなに愛している龍を極道に戻らせたくないと言い、龍が盃を交わそうとしているであろう(これは雅の勘違い)会場に殴り込み盃を止めようとします。

その頃美久が家に帰ると行方不明だった龍が戻っていて晩御飯の前に、美久に大事な話があると伝えます。

そして雅を含めたみんながその会場に殴り込みに行くとそこには龍と美久の正装した姿が。

龍は美久からケジメをつけなきゃと言われた事が結婚式をあげていない事だと思い会場を抑え、鯛を採り式をあげようとしていたのです。(なんかコントみたいだけど)

結婚の事も勘違いが続いた事で結婚したんですね。(なんじゃそら笑)

「あんたと娘さんの命、守らせてくれへんか」

これがプロポーズの言葉だったんですね・・・。笑

ここで龍はみんなに改めて美久と向日葵の事、主夫としての道を精進する事を約束するのでした。

今回の話は龍と美久の出会いから夫婦になるまでの過去の話がメインでしたね。
龍と美久のわだかまりも無くなり良かったですね。
まぁ話はコントみたいでしたが素晴らしいなれそめだと感じました。

スポンサーリンク

第5話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

先週から続いていた龍と美久のわだかまりが無くなりめでたしといった感じで終わりました。
次回は雅の恋の行方ですね。
相手は喫茶店のゆかりちゃん。
それに龍が協力するという話らしいですね。
それにしてもゆかり役の玉城ティナさんはなんか人形みたいなきれいな顔してますよね。(メイド役も凄く似合ってる)

では6話で!

極主夫道、3年辰組 極主夫先生はHULUでも観れます!今なら2週間無料!

日テレドラマにほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました