心霊系YouTuber うらめし屋 動画全部見てみた感想 ビクさんの復帰はある? おすすめ動画3選 ヤラセは?

うらめし屋
この記事は約8分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

引用元:うらめし屋

心霊系YouTuberの【うらめし屋】
沖縄からこのチャンネルのために呼ばれたというレポーターのビクさんがレポーターとして心霊スポットを巡るという番組ですが、現在はビクさんの体調不良という事で外国人助っ人のハイちゃんが代わりにレポーターを務めています。(2021年5月現在)

2020年8月にチャンネル登録して、現在で2.7万人の登録者数を誇る心霊系のYouTuberさんです。

動画を一通り全部視聴したので、感想やおススメ動画などを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

うらめし屋とは

【うらめし屋 】

~心霊ドキュメンタリー~ -URAMESHIYA- うらめし屋メンバーが心霊調査を決行!? 心霊ドキュメンタリー番組です!!

≪うらめし屋の撮影に関して≫ うらめし屋では、レポーター(演者)が 「一人で心霊スポットに行ってみる」をテーマに チャンネルを立ち上げました。 基本的にはレポーター一人での撮影ですが、 行く先々のスポットの広さなどを考慮し それぞれスタッフも交えての一人撮影を行っております。

※その場所の構造上一人のみでの撮影の際は 基本的には事前にスタッフの現地安全確認を行っております。 また今後メンバーも増え全国を周っていくにあたり

※そこに来ているメンバー全員で スポットも入ることはありません。 先述のようにスポットに応じて人数を調整し撮影を 行って参ります。

※メンバー全員一人での撮影を 行うことを前提に出演しております。 もちろん現場中でうらめし屋メンバーが 危険を感じた場合は撮影の中止も行っております。 今後も、スポットの特性を踏まえた上で 撮影を行って参りますので ご視聴される際はご理解の上ご覧いただければ幸いです。

出演(テロップ) ハイちゃん(紅):スーパー助っ人外国人
しょうさん(青):ディレクター
ゆうくん(緑):カメラマン
はるくん(紫):スタッフ
うらめしくん(ピンク):相棒
※ビクさん(オレンジ):レポーター(お休み中)
うらめし屋YouTube概要欄より引用”

出している動画はまだそこまで多くないですが、少しずつチャンネル登録者数を伸ばしているYouTuberさんです。

現在はメインレポーターのビクさんが体調不良という事で、急遽、外国人助っ人のビクさんの知り合いでもあるハイちゃんがレポーターを務めています。

スポンサーリンク

うらめし屋の動画の特徴

うらめし屋の動画の特徴として以下が挙げられると思います。

うらめし屋の動画の特徴

・基本、ビクさんの1人検証(現在はハイちゃん)
・余計な演出などは皆無
・怖い心霊スポットでもビクさんのキャラに癒される
・しょうさんのビクさんやハイちゃんへの無茶振りが面白い
・たまにしょうさんがライブ配信などを行っていて、事前に心霊スポットに行く様子が配信されている
・ビクさんのリアクションがガチ

最初この【うらめし屋】を見るきっかけになったのが、ビクさんの魅力的なキャラでした。

ビクさん本人はまったく霊感がないようですが、ディレクターのしょうさんに無茶振りをされ、勇気を振り絞って仕方なく行く様が面白かったのが見るようになったきっかけです。

逆にしょうさんは霊感は少しあるようで、ライブ配信などでひとりで心霊スポットに行く様子などがありますが、何かしら感じる部分はあるようです。

【うらめし屋】は現在、全国心霊行脚を行っているようです。

印象的だったのが、以前ライブ配信でしょうさんが『ゾゾゾさんが行ったことのある場所には行きたくない』と言っていたのが記憶に残っています。

ゾゾゾさんをリスペクトはしているけども、あくまで【うらめし屋】でしか出来ないような事をしたいという気持ちの表れだったのではないかと思いました。

スポンサーリンク

うらめし屋のメンバー

うらめし屋のメンバーの紹介になります。
現在はビクさんは動画には出ていませんが、いずれ復帰するような事をおっしゃっていたので、それに期待したいところですね。

ビクさん

本名:非公開
出身:沖縄
生年月日:非公開
年齢:非公開であるが、見た感じは30代後半から40代前半
性格:霊感はまったくない。かなりのビビり。リアクションが面白い
備考:かなりのお酒好き。妹さんと飲みに行くことも。

タオルを頭に巻くスタイルがトレードマークのビクさん。

現在は体調不良という事で動画内からは退いています。

復帰に関しては、本人は復帰願望はあるようですね。

ビビりである事は自分でも承知なうえで、あえて勇気を出して心霊スポットに行くという姿が見ていて面白く、応援したくなります。

沖縄出身でこのチャンネルのために上京したらしく、この他に仕事をしているかどうかは不明。

ちなみに沖縄での仕事は辞めてきたとのこと。

ハイちゃん

本名:非公開
出身:言葉から察するとフランス
生年月日:非公開
年齢:非公開ではあるが、見た目から30代前半?
性格:陽気。霊感はない。声がでかい。やはりビビり。
備考:ビクさんの知り合い。

ビクさんの助っ人として、急遽呼ばれたのが外国人のハイちゃん。

ビクさんの後釜ということで、ビクさんのように頭にタオルを巻いて心霊スポットに臨むスタイル。

体格も良く、日本語もペラペラですが、霊感などはまったくなく、ビビりな性格なようです。

しょうさんの無茶振りにも素直に応じるあたり、好感が持てます。

あと声がでかいです。笑

しょうさん

本名:非公開
出身:不明
生年月日:非公開
年齢:ライブ配信など見る限りだと、おそらく40代半ば
性格:ディレクターという立場という事もあり俯瞰的に物事を見ている。冷静。
備考:【うらめし屋】の事を誰よりも考えている

基本、動画内では顔出ししていませんが、ライブ配信などを行う際には顔出しされている、おそらくこの【うらめし屋】の企画発案者であり、ディレクター。

最初、ビクさんに結構無茶振りして、自分は安全な場所に行って指示するだけで、なんなんだこの人は!と思っていましたが、ライブ配信など行う際にはひとりで心霊スポットに行ったりしているので、言うだけでなく、ちゃんと体も張っている方なんだなと思いました。笑

ゆうくん

しょうさんのアシスタント兼カメラマンという立場のゆうくん。

顔出しは一切されておらず、いずれは顔出しするかもとはライブ配信でおっしゃっていました。

スポンサーリンク

おすすめ動画3選

こちらは個人的に見応えがあった動画3選になります。

怖かった動画も含まれますので、視聴する際には自己責任でお願いします。

【第十二夜】呻き続ける「怨の家」

こちらはビクさん、しょうさん、ゆうくんの3人で検証した過去に殺人事件があったとされるいわくつきの一軒家になります。

結構地元やネットでも有名な場所らしく、同じ心霊系YouTuberの『オウマガトキFILM』さんや、『いけんのか!?MISTちゃんねる』さんも検証されている恐怖の場所です。

不審な足音がかなりするらしく、男性の声も入っています。

【第三夜】八王子道了堂跡 〜あなたのうしろにいるのは誰ですか?〜

こちらは八王子道了堂跡にてビクさんがひとり検証を行う動画です。

幽霊がよく目撃されるという場所でビクさんがiPhoneのSiriで会話を試みているですが、ビクさんのある質問に対して、Siriから驚きの返答が返ってくるので、それに注目です。

【第六夜Ⅱ】 「精神崩壊の館」

こちらはある視聴者さんから提供されたある動画がきっかけで、その心霊スポットに行って検証してみようという動画です。

出だしから男性の声がかなりこもってはいますが、ちゃんと聞こえるのでそこにも注目です。

ハイちゃん、しょうさん、ゆうくんの3人が検証を行っていくのですが、ハイちゃんの様子が・・・

スポンサーリンク

まとめ&やらせはある?

動画を見てみた印象を踏まえた感想がこちらです。

うらめし屋のガチ度  4.0 注:あくまで個人の感想です。

☆1:ほぼやらせ ☆2:やらせの可能性あり ☆3:やらせとガチが半々 ☆4:ガチの可能性大 ☆5:ほぼガチ

うらめし屋のおすすめ度  3.7

☆1:おススメしない ☆2:あまりおススメではない 3:見る価値はある ☆4:割とおススメ ☆5:是非見るべき!

元々ビクさんが面白かったので、動画を見始めたのですが、現在ビクさんは療養中なので代わりにハイちゃんがレポーターをされています。

ビクさんの方が個人的に面白かったな~というのが正直な感想です。

で、やらせの方はどうかと言うと

うらめし屋はガチの可能性大である。(ただ動画によっては、ん?というのも

と言えるでしょう。

ただ動画によってはこれ本当に心霊か?というのもあり、ヤラセと言うより、こじつけ感があるのも確かです。

怖いというより、面白いという動画が多いので、デニスの怖いYouTubeが好きな方はあっているかもしれません。

ハイちゃんも悪くないのですが、やはり前任者のビクさんのキャラが個人的に良かったと思うので、ビクさんが復帰した後は、是非ハイちゃんとふたりで心霊行脚をしてもらいたいと思います!

YouTube始めました。ヒーリングビデオのような感じでやってます♪良ければご覧下さい。
うらめし屋
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonベストセラーランキング(DVD)
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました