ドラマ 先生を消す方程式。田中圭演じる義経先生が怖い! 山田裕貴も・・・ネタバレあり

スポンサーリンク
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

10月31日よりテレビ朝日で「先生を消す方程式。」の第1話が放送されました。
初回からネット上でも「義経先生が怖すぎ」などの声も上がっている話題作ですがどんな物語なんでしょうか。感想、考察などを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

あらすじ

名門私立高校“帝千学園”に、ひとりの教師がやって来る。彼の名は、義澤経男(田中圭)。セレブの子息たちが多く、東大進学率も高いこの学校で、今日から3年D組の担任を務めるのだ。義澤は“ある覚悟”を胸に、強烈な笑顔を作って校門をくぐっていく。
 義澤は3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)から、このクラスにはいろいろと問題があり、半年の間に3人もの教師が担任を辞めていることを教えられる。朝日によると、3年D組には父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)をはじめ、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、自身は高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長で、おじが政治家だという剣力(高橋侃)ら、裕福でハイステータスな親を持つメンバーがそろっているが、やさしくて人気者の刀矢以外の3人が、親の権力を笠に着て好き勝手にやっていると話す。
 義澤が教室に入ると…刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤の挨拶に耳を傾けようともしなかった。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。
 やがて、反抗的な生徒たちは義澤がどんな嫌がらせにも動じず、笑顔を絶やさないことにいら立ちを募らせていき…ついに学校一の厄介者・剣力が義澤に対して、危険な攻撃を仕掛けていく! それは義澤と生徒たちの戦いの幕が切って落とされた瞬間だった…!

スポンサーリンク

登場人物

義澤経男(よしざわ・つねお)………田中圭

名門私立高校“帝千学園”に新しく赴任した数学教師。義澤経男という名前から、“義経”と呼ばれることも多い。“笑顔でいれば幸せはついてくる!”がモットーで、常に笑顔を絶やさない。
親が官僚やセレブなど厄介な生徒が多い3年D組は、過去に担任が次々と辞めていったいわくつきのクラスだが、義澤はなぜかその担当を志願する。
義澤は笑顔で彼らを指導していくが…やがてそれが恨みを買い、生徒たちに命を狙われるように…!?

頼田朝日(よりた・あさひ)………山田裕貴

義澤が担任する3年D組の副担任。さわやかで生徒からの人気も高い。義澤ともすぐ打ち解け、一筋縄でいかない生徒が多いクラスを受け持つことになった義澤のことを心配するが…。

藤原刀矢(ふじわら・とうや)………高橋文哉

高いIQを誇る、学園一の優等生。反抗的なほかの生徒たちと違って、担任の義澤側に寄り添い、生徒たちが義澤を追い詰めようとすることを唯一止めようとする。父親は検察のトップという、超エリート。

長井弓(ながい・ゆみ)………久保田紗友

学業優秀で東大確実といわれる生徒。20万人以上のフォロワーを持つ人気インフルエンサーでもある。母親が有名な医者のため、政治家とのコネも強い。

大木薙(おおき・なぎ)………森田想

親は人気飲食チェーン店の社長。同級生の女子生徒にマッチングアプリで“パパ活”をさせ、お金を稼がせている。

剣力(つるぎ・りき)………高橋侃

親は大手ゼネコン社長で、おじが政治家。親が学校に多額の寄付をしているため、好き放題に暴れている一番厄介な生徒。暴力的で、弱い生徒や教師をいじめ、支配することを生き甲斐にしている。

伊吹命(いぶき・めい)………秋谷郁甫

引きこもりで半年以上、学校に来ていない生徒。自室に閉じこもり、黒魔術や都市伝説など、オカルトめいたものを調べている。

宮下加奈(みやした・かな)………榊原有那

3年D組の生徒。セレブなクラスメート、長井弓や大木薙と友だちでいたいがために、マッチングアプリで“パパ活”をして稼いだ金を薙らに渡している。

早川京子(はやかわ・きょうこ)………川瀬莉子

3年D組の生徒。人気インフルエンサーであるクラスメート・長井弓に憧れているが、あまり相手にしてもらえない。

玉木譲(たまき・ゆずる)………田中亨

3年D組の生徒。乱暴者のクラスメート・剣力にきつく当たられてもやり返せないでいる。

安田町子(やすだ・まちこ)………奥山かずさ

保健室にいる養護教諭。イケメン好きで、赴任してきた義澤経男に自分のことを「マチコ先生と呼んでください!」と気軽に接する。義澤が副担任・頼田朝日とじゃれあう姿が、いちばんの大好物。

佐倉清(さくら・きよし)………手塚とおる

帝千学園校長。3年D組の担任が次々と辞めていることから、評判の教師・義澤を学園に迎え入れる。

前野静(まえの・しずか)………松本まりか

義澤経男の恋人。職業は、義澤と同じく高校教師。正義感が強く、生徒にも親身に向き合う。義澤とはすでに一緒に暮らしており、2人とも結婚を意識している。

スポンサーリンク

感想

4.0

久々の学園モノですね。
何かしらの目的があって名門私立高校“帝千学園”にやってきた義澤経男が学園の問題児たちと向き合っていくという一見青春物語かと思いましたが、中身はそんな雰囲気でもなく結構バチバチで生徒と先生がやり合うドラマです。笑

この義経先生が黒板に書いた「日常×笑顔=幸運」という言葉がこの義澤経男自身の行動理念となっているようです。
なので基本何事も笑顔なんですが、それが逆に怖いという印象を受けます。
初日から生徒たちからいろいろ嫌がらせをされ、そしてクラス一の問題児の剣力が義経先生に反抗するシーンがあるのですが
そこで義経先生が

パワハラ=権力×精神的暴力×弱者

という方程式を見せ、この学校ではこの権力とは先生たちではなく生徒たちの方で弱者は先生たちの方であると生徒たちに伝えます。
そして弱者である義経先生が剣力に出来ることは

剣力の人生に傷をつける

ことだと剣力に話します。
義経先生は剣力によって謝罪をさせられていた動画を密かにスマホに録画しておいてこれをネット上に流せばみなが拡散して政治家のおじの選挙にも影響がでるであろうと剣力に圧力をかけ始めます。
それが嫌なら謝れと剣力に言います。

剣力
剣力

すいませんでした・・・

謝る剣力に近づき、笑顔で「これで仲直りです」と握手をします。
そして最後のシーンに朝日先生が問題児たちの前に現れるのですが、この頼田朝日先生が黒幕だったんですね・・・(面白い!!)

頼田朝日
頼田朝日

さーすーがーとーやくーん!!

このシーンはまさに狂気。笑(あと山田裕貴さんの顔もGood)
あと田中圭さん演じる義経先生の床を舐めたあとのセリフ

義澤経男
義澤経男

みなさん掃除ちゃんとしているんですね。床がおいしいです

床がおいしいなんて一生言わないセリフだろ・・・と思いました。笑

スポンサーリンク

第1話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

学園モノだという事だったので最初は「3年A組」のようなテイストなのかなと思っていましたが、これは先生も生徒もいい意味で狂っている物語でした。
義経先生の目的もまだ不明なのですが、あの朝日先生の過去もいろいろありそうですね。
結局最後は義経先生が殺されて終わるのでしょうかね?
個人的には剣力のキャラが良かったです。笑


とりあえず第2話で!

先生を消す方程式。はABEMAでも観られます!今なら2週間無料!
ABEMA限定配信の「頼田朝日の方程式。ー最凶の授業ー」も観られます!

先生を消す方程式。(全8話)
各種動画サービスやオンデマンド無料トライアルはサイドバーから登録可能です♪
『ナラコレ!』は色んな商材や生活に役立つ情報を配信しているサイトです♪
良かったらこちらも覗いてくださると嬉しいです(^^♪商品レビューやランキングなども御座います♫
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました