ドラマ ウチの娘は、彼氏が出来ない!第1話感想 菅野美穂 浜辺美波主演 

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(全10話)
この記事は約4分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

今日から日テレで「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の第1話が放送されました。
どんなドラマだったか感想などを述べていきたいと思います。

新水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』 (C)日本テレビ
スポンサーリンク

あらすじ

下町情緒漂う都会の一角、すずらん町―。
水無瀬みなせあおい(菅野美穂)は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家。“恋愛小説の女王”としてかつて一世を風靡した碧だが、目下の心配事は大学生の娘・そら(浜辺美波)に浮いた話がまるでないこと。空は、筋金入りの二次元オタクとして三次元の恋とは無縁の生活を送っているのだ。

そんなある日、続編を見込んだ碧の渾身の初ミステリー『アンビリカルコード』が大コケしたことで、碧は編集長・小西(有田哲平)から連載の打ち切りを告げられる。沈む中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・たちばな漱石そうせき(川上洋平)から次回作にと久々の恋愛小説を発注される碧。しかし華やかな表の顔とは裏腹に、恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた……。

その頃、地元商店街の老舗鯛焼き屋・おだやでアルバイトをする空の方は、4代目店主で碧の幼馴染・ゴンちゃん(沢村一樹)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは先代の俊一郎しゅんいちろう(中村雅俊)と共に頼れるご近所さん。友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。

そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が碧と空に訪れようとしていた。さらに空は、大学きっての“陽キャ”モテ男で、同じゼミの入野ひかる(岡田健史)の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……。恋愛から遠ざかっていた天然母と、恋愛未経験のオタクなしっかり娘。前途多難なエキサイティング・ラブストーリーが始まる!(私の娘は、彼氏が出来ない!公式HPより引用)

スポンサーリンク

感想

1話見終わりましたが、簡単に言えば【ハートフルラブコメドラマ】ですね。

菅野美穂さんも久しぶりのドラマ主演ですが、恋愛小説家の母という役柄を面白可笑しく演じていて、見ている側も楽しい気持ちになりました。
浜辺美波ちゃんも昨年はいろんなドラマ、映画に出演されていて、次は今まで演じた事のない【オタク女子】をコミカルに演じていて改めて凄い女優さんだなと感じました。
ストーリーはシングルマザーの碧と今まで彼氏がいた事がない筋金入りのオタク女子の空の恋の行方を描いています。
そして、その周りには有田哲平さんや沢村一樹さん、中村雅俊さんがドラマを盛り上げています。
あとAlexandrosのボーカルの川村洋平さんもドラマ初出演されています。
彼の演技を初めて見ましたが、若干ぎこちない感はありますが普通に俳優としてもやっていけるのではと思いました。

そして第1話での空の大学で空が陽キャを見て呟くセリフが可笑しかったです。

『陽キャめ・・・光の属性。私はこのウェイ系の大学ではトップオブザトップの陰キャ。あれらは私とは違う生き物、違う生き物、違う生き物。3回唱えたらそれは念仏、祈り、涅槃(ねはん)がやってくる。』

オタクの人ってホントにこんな感じなの?って思っちゃいました。笑

スポンサーリンク

第1話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

碧と空の恋の行方はどうなるのでしょうか。
そしてこの次回、浜辺美波ちゃんのコスプレが見られそうなのでそれにも期待したいです。笑
浜辺美波ちゃんは2次元から出てきたようなルックスなのに、あえて少しダサいオタク女子を演じるのは最初どうかなと思いましたが、うまく演じてますね。凄い!

では2話でまた!!

日テレドラマ
YouTube始めました。ヒーリングビデオのような感じでやってます♪良ければご覧下さい。
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(全10話)
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonベストセラーランキング(DVD)
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました