東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【正直不動産】が今面白い! 不動産関連のお仕事に就職、転職または就いている方必見!任意売却 瑕疵担保責任 ネタバレ 最新刊発売!

この記事は約5分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ビックコミックで連載されている「正直不動産」というマンガについて語ります。
正直不動産の原案者である夏原武さんは以前「クロサギ」というマンガの原案者でもあり、山下智久さんがテレビドラマでも主演で映像化されています。
この正直不動産はタイトルにもある通り、【不動産】系がメインのストーリーになっています。


スポンサーリンク

ストーリー

『千の言葉のうち真実は三つしかない』という意味で、千三つといわれる不動産業界。そんな業界に身を置く永瀬財地は、契約のためなら嘘をいとわずに営業成績をあげてきた。しかし、地鎮祭のときにを破壊してしまったことで、嘘がつけない体質になってしまった。わがままな顧客の要望、一癖も二癖もある資産家大家たち、次々起こる不動産にまつわるトラブル、そしてライバル不動産会社としのぎを削る闘いに、嘘をつかない正直営業で立ち向かう永瀬の姿を描いた皮肉喜劇。

ウィキペディアより引用

まぁ簡単に言えば主人公の永瀬財地「登坂不動産」に勤めるナンバーワン不動産営業マン。
ところがある事がきっかけで「嘘がつけない」体質となってしまう。
今まで嘘をつく事で成績を上げてきた永瀬はどんどん営業成績が下がってしまい、どうせ嘘がつけなくなってしまったのならお客に対して正直に対応する事で営業成績をあげてやろうと奮闘するという物語です。


スポンサーリンク

正直不動産の扱うテーマ

私も不動産のお仕事がどういったものなのかはある程度把握してますが、実際どんな感じなのかまでは当然わからないです。
ただ素人の私が読んでも、「面白い」と思わせてくれるマンガが「正直不動産」です。
正直不動産には話ごとに「扱うテーマ」が盛り込まれていてそのテーマに沿ってストーリーが進んでいきます。

建築条件付き土地売買

瑕疵担保責任

告知義務

あんこ業者

融資特約

欠陥マンション

リバースモーゲージ

再建築不可

任意売却

賃料増額請求

タワーマンション

などの中には初めて見るような単語も並んでいますが、このテーマに沿って読者に出来るだけわかりやすく説明しながら面白可笑しく内容が描かれています。
わかりやすく説明されているので、素人の人が読んでも面白いと思います。

スポンサーリンク

主人公・永瀬財地の名言

物語の中でこの永瀬財地は嘘がつけなくなっているので、本来お客に伝えるべきではない事も正直に言ってしまうところに面白さがあると思います。
このマンガの中で永瀬は「嘘をついてナンボだろ、不動産営業なんて」と言ってますが、やはり伝える事が義務でない限り、相手に伝えることが営業マンにとって不利益になることは伝えないというこれが不動産営業なんだと思わせるある意味リアルに描かれています。
そこでいくつかこの永瀬財地の名言をいくつかピックアップしておきます。

「ああ、いい部屋だな。ただ俺なら、こんなクソみたいなオーナーの物件には、金もらったって、住まないけどな」

「すみません、ひとつよろしいですか・・・ご存じでしょうか?この物件、以前、人が死んでます」

「そうです、半額です・・・本来賃貸仲介手数料ってのは半額なんです」

不動産営業マンならおそらく言わないであろう言葉が嘘がつけないが故に、バンバン永瀬の口から飛び出してきます。
法律で相手に伝えることが義務の場合と、伝えた方がいいが義務ではないというところでのやりとりが出てくる事によって読者も初めて知った!という事もすごく多いと思います。
世の中には知らない事は結構多いと思いますが、知らない事で弱者が不利益になるのをこのマンガを読む事によってそれを防ぎ、情報弱者ではなくなるんじゃないかと感じました。
なので不動産関連のお仕事に就いているもしくは就こうとしているまたは近い将来、マイホーム購入を検討している人などは是非読んでほしい作品です。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。
私も元々この原案者の夏原武さんの作品「クロサギ」が好きで読んでいたのですが、その夏原さんが今度は不動産関連のマンガを手掛けるという事で読んだのがキッカケです。
ちなみに「クロサギ」は主人公が詐欺師です。笑
このマンガについて各著名人もコメントしていますが、どの方も絶賛しています。

「専門誌記者も舌を巻く、鋭い切り口と突っ込んだ取材。マイホーム購入・不動産投資で失敗しないための必読書」「日経マネー」発行人 大口克人氏

「すべてのビジネスパーソン、家を買う人、借りる人が知っておくべき不動産業界の実態が、赤裸々に描かれている」不動産コンサルト 長嶋修氏

「連載開始から毎号欠かさず読んでいます。成功している人はなぜ、正直者なのか?が解る作品だからです」公示サイト管理人 大島てる氏

ちなみにこういうのもあります。笑

「やりづらくなるから、こんな漫画はもう読むな!」全国宅地建物取引ツイッタラー協会

なので一度読んでみてはいかがでしょうか。
また現在は単行本9巻まで発売されているので、最新刊がでたらまた感想を述べていきたいと思います。
下記に不動産関連で相談する際のおススメで無料でやってくれるのでこちらも良ければ使ってみて下さい。