東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

正直不動産 ドラマ第7話 ネタバレ感想 永瀬と登坂社長との出会い

正直不動産
ポチっとしてくれるいい事あるかも(^^♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

NHK夜ドラ「正直不動産」の第7話のネタバレ感想になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#7「過去の自分と今の自分」

スパイ騒動は、ミネルヴァ不動産の仕業だった。営業成績の振るわない登坂の営業課長を金で引き込んでいたのだ。退職した課長に代わり、課長代理に抜擢された永瀬(山下智久)だったが、事務作業に追われる一方、うそを連発していた過去の契約者からのクレームが次々と舞い込んでくる。そんな時、メインバンクの融資課・榎本美波(泉里香)が永瀬を訪ねてくる。美波はある定年夫婦の自宅売却に絡み、永瀬に協力を求めてきたのだが…

引用元:NHK
スポンサーリンク

ネタバレ感想(原作ファン視点)&原作との違いについて

第7話視聴しました。

今回は永瀬がなぜ不動産業界で働こうと決意したのかが描かれました。

それは登坂不動産社長・登坂寿郎との出会いがきっかけでした。

悪徳不動産に騙されかけていた若き永瀬に救いの手を差し伸べたのが、登坂社長で永瀬は助けてくれた登坂社長の職種・不動産屋というのに興味を持ち、登坂社長の出す課題(大学在籍中に宅建を取る事)を見事クリアし、登坂不動産に入社。

そして光友銀行の榎本美波との間に恋愛フラグが立ちました!www

果たして今後どのような展開になるんでしょうか!

そして原作との違いについてですが以下の通り。

・今回の榎本美波とのエピソードは原作では永瀬と一番最初に出会った時のエピソードだった(ここから榎本美波との絡みが始まるはずでした)
・榎本美波は一時永瀬に惹かれていましたが、作中での明確な恋愛フラグは立たずじまい(原作では違う人間と付き合う事になっています)

そして今回違和感があったのが、登坂不動産のスパイについて。

これって本来は課長役の人間がちゃんとキャスティングされていたんじゃないかなと思っています。(つまりその人間が何かしらの理由でこのドラマに出演出来なくなってしまったとか…ね)

まぁ思い当たる人物が1人いるんですけど、ドラマ制作時から結構話題になっていて、その人物が出演出来なくなってしまったというのが報道されていました。

それであればこの登坂不動産のスパイについての演出があまりにもあっさりしている訳も納得出来ます。

気になる方は

『正直不動産 降板』

で調べてみて下さい。

スポンサーリンク

第7話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

【正直不動産】の第7話のネタバレ感想でした。

巷では山下さんの評価がうなぎ上りで、彼最大のヒット作『クロサギ』よりも評価されているみたいです。

原作自体とても面白いし、それを映像化されたNHKも見事に物語を表現できていると思うので、なんか当然といえば当然かなと思いますwww

とにかく色んな人に見て欲しい作品です。