東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

正直不動産 第2話ネタバレ感想 桐山に厄介な案件を振られる永瀬 

正直不動産
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

NHK夜ドラ「正直不動産」の第2話のネタバレ感想になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#2「1位にこだわる理由」

祟(たた)りで嘘がつけなくなった営業マン・永瀬財地(山下智久)は早くも売上1位の座を後輩の桐山(市原隼人)に奪われてしまう。同じ社内で顧客の奪い合いをする永瀬と桐山を尻目に、新人の月下(福原遥)は顧客第一主義で営業するが成約が取れない。そんな時、桐山が永瀬にある顧客の担当を代わってほしいと持ちかける。営業成績を上げたい永瀬は、二つ返事で引き受けたが、その物件には家賃に関するトラブルが隠されていた…

引用元:NHK

スポンサーリンク

ネタバレ感想(原作ファン)

祟りのせいで、嘘がつけなくなった不動産営業・永瀬財地の行方は?ってな感じで、第2話視聴終了しました。

なるほど、原作通りという訳でもなく、ところどころドラマオリジナルの要素があるみたいです。

例えば冒頭での永瀬の夢。

確かこんなシーンは原作にはなかったような気がします。

それ以外にも永瀬のセリフについてもこんなの原作にあったかな?と思えるシーンがいくつかありました。

また、永瀬と月下が居酒屋で飲んでいるシーンに泉里香さん演じる榎本美波が乱入してくる部分もおそらく原作にはなかったかなと。

あと、このセリフを桐山に言わせるんだな…と思ったシーンが、桐山がお客に自分も犬を飼っていると言い、その写真をお客に見せる描写。

この事からあのキャラはドラマには登場しないんだな…と思いました。(ここのシーンは原作では別の登場キャラの描写)

でも総合的に見て、ドラマとしてもとても完成度が高く、終始見応えがあり面白かったです!

原作ではこの桐山というキャラが気に入っていましたが、今のところ市原隼人さん演じる桐山の再現度は100点です。

桐山の過去もおそらく今後描かれるものと思います。(桐山の目的とかいろいろ)

また1話では少し違和感があった山下智久さん演じる永瀬も今回は原作通りの永瀬でありつつ、オリジナルの要素もあり、とても良かったです。

相変わらず不動産用語が飛び交ってますが、結構知らない人も多いような単語ばかりなので、勉強になるんじゃないかなと思います。

個人的に良かった第2話のシーン

個人的にはなってしまいますが、永瀬が桐山から受け継いだ案件で、嘘がつけなくなってしまったがため、成績がガタ落ちになった永瀬はそれに喜んで飛びつくのですが、実はそれには裏があり、契約後に家賃を1万円上げるというオーナーに納得できない夫婦が、永瀬に預り金を返せと詰め寄るシーン。

『もちろん…全額きっちり返ってきます。まともな不動産屋なら』

嘘がつけない永瀬の様子を陰から見ていたシソンヌの長谷川さん演じる大川部長が釣りの仕草をしながら静かに激怒します。

『キュルキュル…よっしゃかかった!いいマグロ獲ってこいよ…』

マグロ漁船に絶対乗りたくない永瀬はなんとか預り金を返すことなく、この夫婦に契約を取り付けようとするのですが、結局永瀬は夫婦に全て正直に話してしまいます。

それを聞いた大川部長がわざと永瀬の傍で電話をかけて見せます。

『ああ、もしもし。はい、明日朝一番の船で。若いのが1人行きます』

ここは原作でもあったのかもしれませんが、いくらか誇張されていて、ドラマならではという感じで笑ってしまいましたwww

シソンヌの長谷川さんも何気に演技うまいですよね…www

スポンサーリンク

第2話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1話、2話と視聴して原作ファンとしては、とても満足しています。

オリジナルの要素+ドラマならではエッセンスが加わっているので、完成度はとても高いといまのところ思っています。

1話ではどこかしらぎこちなかった山下さんも2話でだいぶリラックスしたような演技が出来ていたような気がします。

ああ…ちなみに原作では恋愛要素は全くないですよwww