東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【西島秀俊主演】ドラマ 真犯人フラグ 第9話 ネタバレ感想&素人考察 バタコ登場

真犯人フラグ
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「真犯人フラグ」の第9話の感想&考察になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#9 あらすじ

真帆(宮沢りえ)が隠していた「DNA情報鑑定センター」の封筒を、朋子(桜井ユキ)に突き付けられた凌介(西島秀俊)。光莉(原菜乃華)や篤斗(小林優仁)が凌介の実子ではない可能性があるのか? 朋子は、真帆が抱えていた秘密を凌介に話し始める。その内容に衝撃を受ける凌介…。

相良家の新居建築が再開され、現場では林(深水元基)が馬場(高杉一穂)に仕事の引継ぎをしていた。そこに現れた凌介は林に詰め寄るが、林の事情聴取に来た阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)に阻まれる。真帆たちが失踪した10月15日の夕方以降、林には確実なアリバイがなかった。林の曖昧な答え方に、阿久津と落合は不審を抱く。

激しく落ち込む凌介を心配する亀田運輸の面々。太田黒(正名僕蔵)まで気を遣い始め、見かねた瑞穂(芳根京子)は凌介を励ます。
凌介は「至上の時」で、朋子から聞いた真帆の秘密を打ち明ける。瑞穂を襲ったのも林ではないかという話を受け、林への疑念を深める一同。河村(田中哲司)と日野(迫田孝也)は、林が婚約者と結託し事件を起こしたのでは?と推理するが、瑞穂と一星(佐野勇斗)は真帆の自作自演で林は協力者なのではないかと睨む。

そんな中、警察には、冷凍遺体の身元確認をしたいという人物が現れ…。
真帆のことをまったく理解していなかったと思い知らされた凌介の苦悩は、深まるばかり。そして、凌介が大きな決断を下したある夜、事態は急転!ついに家族との衝撃の再会、あの危険人物の正体が判明する――!!

朋子が語った真帆の秘密とは、11年前の林との不倫だった。当時、光莉のお受験で悩んでいた真帆は、サッカー部の同窓会でも上の空。久住(袴田吉彦)の口説きを止めたくれた林に悩みを吐露する。根っからの体育会系で明るい林に励まされ、気が楽になった真帆。帰ろうとすると、「これからみんなでサッカーを観ないか」と誘われ、ホテルの一室へ。そのまま酔いつぶれてしまい、記憶が無いまま、林からそういう仲になったと言われショックを受ける。その後、「恋人と別れるから離婚して欲しい」と迫られるが、林とは連絡を絶ち、二度と会っていなかった。しかし、去年の夏。新居の担当としてやってきた林と再会。篤斗と意気投合する姿を見て、一抹の不安を覚え、悩んだ末に今年の夏にDNA鑑定キットを取り寄せていたのだ。「林には拒否されて鑑定はしていない」という朋子の言葉通り、封筒の中には未使用の鑑定キットが…。

一方、下校途中の清明(桑名愛斗)は、見知らぬ男から「ハナシタラコロス」と脅される。それを知った朋子は急いで清明を連れて帰るが、家の中に異変を察知。朋子は、すぐさま凌介に清明を預ける。朋子を待つ間、菱田家の押し入れのことを尋ねる凌介だが、逃げるように清明は帰ってしまう。

そんな中、河村が訪ねてくる。真帆の裏切りをのみ込んで彼女を捜し続けようとする凌介をわざと煽り、苦しい胸の内を吐き出させる河村。凌介は、裏切りが本当だったとしても、その罪悪感を一人で抱える覚悟だった真帆を信じたいと言う。

瑞穂は鼓太朗(坂東龍汰)から、バタコに送り付けられた“かがやきの土”をまいた場所に花が咲いていると知らされる。咲いた花は、キンセンカだった。バタコからの電話に花が咲いたと伝えると、バタコは嬉しそうに「私もそっちに行くからね」と告げ…。

追い詰められた林は、怪しい動きをしていた。林がコインロッカーから何かを取り出しているところを、両角(長田成哉)が撮影。その写真を見た凌介は、真帆の財布だと確信する。

まもなく、コインロッカーに隠されていた財布の中から真帆の運転免許証が見つかり、警察は重要参考人として林の行方を追う。しかし、林はすでに何者かが運転する車に乗って逃亡していた。凌介に見せていた好青年の顔とは打って変わり、悪党のようにも見える林…。

その頃、暗い山中では、充(前野朋哉)が手足を縛られて穴の中に放り込まれた状態で目を覚ます。1人の女が、充を埋めようと土をかける。「警察で冷凍遺体の身元を確認してきた」「まだ償えるよ」と命乞いをする充に向かって、女は「邪魔しないで」と金属バットを振り下ろす…!返り血を浴びた女の顔が見える…彼女の正体は、バタコ(香里奈)だ――。バタコは瀕死の充に土をかけながら「あと…ひとり」と、つぶやく。

凌介は、篤斗とのDNA鑑定を決意。真実を知って、真帆の背負っていた重荷を自分も引き受けるという覚悟だった。そこに、鼓太朗が凌介宛の冷凍便の荷物を運んでくる。それは、冷凍遺体が送られてきた時とそっくりの箱…。凌介の脳裏に、嫌な記憶がよみがえる。凌介が思い切って箱を開けると、中には氷漬けにされた篤斗が――! 

スポンサーリンク

感想&考察

また一歩真実に近づいた今回。

第9話ではやはり「あな番」から久住護(袴田吉彦)が真帆の後輩として登場しましたねwww(サッカー部の同窓会で登場)

「あなたの番です 劇場版」が公開されているので、その関係もあるのかもしれません。

そして今回もまた色んな出来事がありました。

第9話のキーポイント

真帆(宮沢りえ)と (深水元基)は一夜を共にしていたが、真帆の記憶は定かではなく、林のみが関係を持ったと発言している
瑞穂は真帆が怪しいと思っているが言い出せない
(前野朋哉)、亀田急便の凌介の元に送られてきた冷凍保存の男の子の顔を確認しに、警察に行く
④本木、林の婚約者の等々力茉里奈(林田岬優)にスカウトを装い接触。その際、何かを茉里奈のカバンに忍ばせる
⑤朋子の息子・ 清明(桑名愛斗)が見知らぬおじさんから「話したら殺す」と脅迫を受ける
⑥それを聞いた朋子は急いで帰宅。家の異変?に気づいた朋子は、清明を凌介に預け、家の中を整理する
⑦林はコインロッカーに真帆の財布を隠しており、それを 両角(長田成哉)が撮影
⑧警察がコインロッカーを開けると真帆の財布の中に運転免許証があった
⑨林、緊急手配され、林は何者かの手引きにより逃走
⑩ついに木幡由美(香里奈)登場。おそらく夫の充をバットで殴り山中に埋める
⑪凌介の元に宅配便で篤斗(小林優仁)が冷蔵で送られてくる(おそらく生きている)

結局変な新興宗教に入信していたのは木幡(MEGUMIではなかった・・・ww)でおそらく充の妻か元妻と推測します。

はなぜ本木が林の婚約者の茉莉奈に接触したのか、何をカバンの中に忍ばせたのかさっぱりわかりません。(あるとすれば盗聴器か、何かのメッセージを書いた紙とか?)

の見知らぬおじさんについてはちらっと顔は映りますが、今いる登場人物の中にはいなそうなので、何者かに頼まれた可能性がありますね。

またそれを聞いた朋子は急いで家に帰宅するが、何かの気配を感じて一時清明を凌介の元に預けますが、ここはやはり押し入れの中身という事なんでしょうね。

また朋子の家を出入りできる人間という事なので、鍵を交換してあった真帆の可能性もある?(それか単純にピッキング)

そして怪しい動きをする林は⑦~⑧の事もあり、ついに警察に緊急手配をされてしまいますが、林って警察の2択刑事(阿久津刑事)が以前言っていた犯人像(頭が切れて実に狡猾で猟奇的)に当てはまらないような気がするので、犯人とは違うと思います。

そして何者かの手引きによって逃走。(林の協力者?)

でついにバタコさんこと木幡由美が登場しました。

おそらく充が警察に行って凌介の元に送られてきた身元不明の男の子の確認をし、それが充の推測通りだったことで木幡に電話をかけ、会う約束を取りつけたが、睡眠薬を飲まされ山中の穴の中に。

ここに来ていかにも犯人フラグを立ててきたバタコさん。

を送ったのはおそらくバタコさんか本木陽香(生駒里奈)かなと思います。

スポンサーリンク

第9話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回非常に面白いツイートを発見してしまったので、そちらを。

確かに「あな番」では黒島沙和が犯人でしたが、当初からこの推測はあって、結局その通りだった事もあり、この可能性も浮上してきました。

しっかしよく見つける事が出来るなと感心しますわい!!www(もちろん違う可能性もあり)

で、今回ちょっと違和感だったのが本木の行動。

何か探偵っぽくなかった?(仕事は葬儀屋だって事はわかってるんだけど)

ひょっとすると何かを調べているんですかね?

そして真犯人フラグは以前と変わらず

相良真帆日野渉の共犯説で!!

真犯人フラグHuluで2週間無料で視聴可能♪

日テレドラマ