東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【西島秀俊主演】ドラマ 真犯人フラグ 第3話 感想&考察

真犯人フラグ
この記事は約7分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「真犯人フラグ」の第3話の感想&考察になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

スポンサーリンク

#3 あらすじ

新居の基礎コンクリートから覗く片足のローファー。すぐに警察が駆けつけ、掘り起こし作業が始まる。ただのイタズラか、それとも…!?

凌介(西島秀俊)は瑞穂(芳根京子)に、配送車のドライブレコーダーから見つかった映像を見せられる。その映像では、赤い傘をさした真帆(宮沢りえ)らしき女性が篤斗(小林優仁)の手を引き、後ろには光莉(原菜乃華)とよく似た女子高生が歩いていた。これが3人だとすると、篤斗がサッカー教室に行く直前の17時18分、3人は一緒にいたことになる。

そんな中、凌介は林(深水元基)から、再び新居の建築を中断するよう勧められる。しかし、凌介は聞き入れない。林が新居建築を止めようとしたのは、ある事情で上司の井上(戸田昌宏)に命令されたからでもあった――。

凌介は見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は瑞穂と相談して、その男とコンタクトを取り、日野(迫田孝也)の店『至上の時』で会うことに。瑞穂と日野も、一緒に待ち構える。現れたのは、ベンチャー企業『プロキシマ』の社長・一星(佐野勇斗)。彼は、真帆たちが誘拐されたと断言する。さらに一星は、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出し…!?
果たして嘘か本当か?一星は敵なのか、味方なのか!?

新居に埋まっていたのは、ローファーだけだった。しかし、DNA鑑定の結果、ローファーは光莉のものだったと判明。3人を誘拐した真犯人がローファーだけを埋めた可能性が高い。一体、真犯人の目的とは…!?ローファーや現場からは犯人の痕跡は出ず、捜査は前進しないまま。ドライブレコーダーに映っていた赤い傘を差す女性を見て、凌介は真帆だと確信。その傘は凌介が真帆にプレゼントしたもので、100本しか流通していない限定品だったのだ。3人は失踪直前、合流して一緒にいたと思われる。

喫茶店で林と会っていた凌介は、接触してきた一星を追いかけ店の外へ。そこには、凌介を不敵な笑みで見つめる陽香(生駒里奈)の姿が…。

『至上の時』に現れた一星に「光莉さんとお付き合いしてます」と聞かされ、凌介は衝撃を受ける。一星のもとには、光莉からの「たすけて」というメッセージが届いていた。それ以来、一星は光莉とまったく連絡が取れなくなったという。光莉にはストーカーがいたらしく、一星は一緒に捜索したいと凌介に申し出る。突然現れた娘の彼氏に戸惑いながらも、凌介は一星にも協力してもらうことにする。

SNSでは、光莉のローファーが新居の建築現場に埋められていたと暴露した投稿が拡散。ぷろびん(柄本時生)は凌介が学生時代に書いた推理小説を入手し、“犯人が事件の遺留品を埋める”という小説の内容から、またも凌介の自作自演説を動画で煽る。そうしたネット情報をマスコミが後追いし、世間の注目はますます高まっていく。亀田運輸カスタマーサービス部には、全国各地から嫌がらせと思われる凌介宛の荷物まで届くようになる。その中には、瑞穂宛にクレーマーのバタコから送られてきた「花が咲けば願いが叶う」という謎の土もあり…。

誹謗中傷に憔悴している凌介の家に、河村(田中哲司)と日野が訪ねてくる。誰もが敵に見えてしまう中、味方になって励ましてくれる2人のお陰で、凌介は少し元気を取り戻す。

一方、瑞穂は一星に、ドライブレコーダーの映像を見せる。一星は、映っている女子高生はおそらく光莉ではないかと告げる。さらに、ローファーが埋められていたという情報を流したのは、アカウント名“をんぬむ”だと突き止めるが、個人情報までは辿り着けない。そんな中、一星のスマホに光莉の居場所を示す通知が来る。一星は、光莉とカップル専用アプリを使ってGPSでお互いの位置を共有できるようにしていた。光莉の居場所は群馬県の山の中だった。

凌介は瑞穂、一星とともにGPSが指し示す群馬県山中へ向かった。一星が光莉のスマホを鳴らすと、薄暗いトンネルの奥で音がする。トンネルの奥に進むと、光莉のスマホが光を放っている――! スマホを拾い、さらにトンネルの奥に進もうとした時、凌介は拳銃を突き付けられる。そこにいたのは真犯人ではなく、光莉のスマホの電源が入ったことから場所を特定してやって来た阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)だった。

トンネル周辺で警察の捜索が始まり、凌介たちも手掛かりを捜す。凌介から連絡を受けた河村も、両角(長田成哉)とともに駆け付ける。捜索の結果、トンネル入り口付近の林から、真帆の結婚指輪が発見される。

阿久津が署に戻ると、真帆に関する匿名の情報が届いていた。それは、真帆が失踪直前に生命保険に入り、受取人が凌介になっているという内容だった。

その頃、誰かが部屋の一室でお経をかけ、遺影に手を合わせていた。位牌に刻まれた戒名は“簒奪院盗幸不和離苦信士”。その遺影は凌介で――!?

スポンサーリンク

感想&考察

※一個人の勝手な考察になりますのでご了承下さい

今回は各登場人物の背景が少し浮彫りなった回でした。

てかやはり、橘一星(佐野勇斗)は相良家との繋がりがありましたね。(ここは大体予想通りでした)

そして橘は凌介と二宮瑞穂(芳根京子)と協力し、失踪事件を追う展開になりました。

そして2話のラストでコンクリートに埋まっていたローファーについて「住愛ホーム」の林洋一(深水基樹)に電話をかけてきたのは女性との事でした。

また、怪しい動きをしている人物も何人かいましたね。

①サッカー教室の講師・山田元哉(柿澤勇人)と凌介と同じマンションに住んでいる菱田朋子(桜井ユキ)は失踪事件について何か隠している事がある(何かを共有している?)
②凌介をなぜか監視している本木陽香(生駒里奈)
③瑞穂を意味ありげに見つめる亀やん急便の配達員・望月鼓太朗
④夜に凌介の建築中の新居の前で意味不明な歌を歌う猫おばさん(平田敦子)

この中で、③は完全な予想ですが、瑞穂に単純に好意を寄せているだけというミスリードだと思っています。

また④もあまり関係がないように思えます。

①に関しては、おそらくこの二人は恋人関係もしくは山田が朋子に想いを一方的に寄せているだけで、それを周囲に隠していると予想。で、おそらく失踪事件当日に密会でもしていたんじゃないかなと思います。なのでここもミスリードかなと。

なので今のところ不明なのが、②の本木陽香

本木に関してはまだ情報が足りなすぎますね。

今回一番気になった点は

気になった点

真帆は凌介と付き合う前、学校のマドンナであり、凌介と付き合った事で凌介は周囲の妬みを買っていた

です。

これは十分動機になりえるのかなと思いました。

あと真帆、光莉、篤斗の3人を誘拐するなんて、単独で出来るものなのかなとも思いました。

ドラマ内でも週刊追及の両角猛(長田成哉)が言っていた「単独犯でも十分犯行が可能」という理由にはなるほど!と思いましたが、それでもう~ん・・・どうかなぁ・・・。

ドラマの展開としては今のところ普通に面白く、考察のしがいがあるドラマで楽しめています。

やはり主演の相良凌介演じる西島秀俊さんの演技が光っていてさすがだなと思います!

真犯人フラグの相関図はこちら

スポンサーリンク

第3話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回もいろいろ動きがあって、飽きさせない展開に感心しました。

この調子でこの先も視聴者を楽しませて欲しいと思います!

そして犯人候補は変わらず相良凌介で!・・・と思ったんですが、今回【動機】という部分が見えてきたのでそれを考慮すると

河村俊夫(田中哲司)と日野渉(迫田孝也)も怪しくなってきました。笑

真犯人フラグ
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天トラベル
Amazon
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews