東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【西島秀俊主演】ドラマ 真犯人フラグ 第10話 ネタバレ感想&素人考察 第1章終了 衝撃のラスト

真犯人フラグ
ポチっとしてくれるいい事あるかも(^^♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「真犯人フラグ」の第10話の感想&考察になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#10 あらすじ

箱詰めになった氷漬けの篤斗(小林優仁)を発見した凌介(西島秀俊)と瑞穂(芳根京子)。篤斗はすぐさま病院へ運び込まれ、救命措置を施される。しかし、低体温症を起こした上、睡眠薬を大量に飲まされていた篤斗は、危険な状態だった。凌介の必死の思いも届かず、篤斗は心停止してしまう――。

凌介は阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)から、真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)がホテルで会っていた7月30日まで、2人の関係が現在も続いていた可能性があると聞かされる。大きなショックを受ける凌介…。
依然、林の行方は掴めず、阿久津と落合は婚約者の茉莉奈(林田岬優)を訪ねる。茉莉奈は、父親の会社が管理する倉庫にいた。阿久津と落合は、林が倉庫の中に隠れているのではないかと捜索するが…。

ますます状況は悪化し、憔悴していく凌介を心配する瑞穂、一星(佐野勇斗)、河村(田中哲司)、日野(迫田孝也)。凌介には、どんな励ましの言葉も届かなくなっていた。瑞穂は、心を閉ざした凌介に喝を入れる。
そんな中、凌介のもとに不審なメールが届く。その日の夜、指定する場所に一人で来るようにと凌介を呼び出し、警察に知らせれば家族の命を奪うと脅迫する内容だった。送り主は、真帆たちを誘拐した犯人の可能性が高い。凌介が、指示された場所に向かうと、そこにいたのは林で…!?

“影”を消そうと、不穏な動きをするバタコ(香里奈)。さらには、阿久津と落合が掴んだ衝撃の容疑者情報。第1部最終回、明るみになる真実とは!?

”ドラマ「真犯人フラグ」公式HPより引用”

スポンサーリンク

感想&考察(ネタバレあり)

今回で第1章が終了しました。

篤斗はなんとか意識を取り戻したものの、PTSD(命を脅かすような強烈な心的外傷(トラウマ)体験をきっかけに、実際の体験から時間が経過した後になってもフラッシュバックや悪夢による侵入的再体験、イベントに関連する刺激の回避、否定的な思考や気分、怒りっぽさや不眠などの症状が持続する状態を指す)になってしまいました。

第10話のキーポイント

の逃走を手助けしたのは婚約者の茉里奈だった
②前回、本木茉莉奈のカバンに入れていたのはGPSだった
③篤斗のサッカー教室のコーチの山田菱田篤斗の誘拐に何かしら関わっていた
④篤斗の意識が戻り、篤斗の回復のために凌介は菱田に協力を求めるが断られてしまう
【アフロディーテの下僕】は亀有急便の太田黒だった(正義感のためとぷろびんに告白)
バタコ、凌介を殺すために吹き矢の練習をする
⑦篤斗の病室に夜、謎の人物(足音からおそらく男性)が訪問してくる
⑧次の日、篤斗は警察の質問に対し、犯人は凌介真帆を殺したと話す

てな感じでした。

①に関しては、いまいちわからない事ばかりです。

②は盗聴器ではなくGPSでしたね。少し気になったのが、林と茉莉奈の等々力建設の倉庫でのシーンですが、あれ何か違和感なかったですかね?

ひょっとすると本木と茉莉奈って既に通じているって事ないですかね?(倉庫で林が茉莉奈と密会している際、上で物音がした時(その時本木が上にいたシーン)、咄嗟に林はその方向を見ようとしましたが、それを茉莉奈がわざと遮ってキスしたように感じたからです)

③~④については間違いなく篤斗の誘拐に何かしら関わっている、もしくは知っている事がうかがえます。

⑤は最初は望月かなと思っていましたが、太田黒部長でした。(これはつまり第1話で凌介と本木を撮影したのも太田黒?って事は本木と太田黒も繋がっている?)

⑥についてはとりあえず「あと1人・・・」と不気味に呟くバタコの標的が凌介であることは間違いないようです。
(これって仮に6年前、凌介と充がバタコの息子(冷凍死体の子供がバタコの息子とした場合)を殺したと思い込んでいるため(もしくは実際殺している)、凌介の凶行を止めようとしているのかな?)

⑦については、おそらく男性であろうと思いますが、疑問なのが警官が病室の前を警備しているのにも関わらず、どうやって篤斗の病室に入る事が出来たのかが謎です。(まさか警察関係者に犯人の協力者が?まさかね・・・ww)

⑧についてはまさに衝撃のラストって感じで、警察の二択刑事(阿久津)とその部下の落合が篤斗に誘拐犯について尋ねたところ、篤斗が凌介の写真を指差し、真帆を殺したと呟きます。(これは⑦の出来事が関わっていて、篤斗は誰かに脅迫されている可能性かな?)

また、新たな登場人物の強羅(上島竜兵)が登場しました。

何やら等々力建設の社長と繋がりがあるようで・・・(この辺りはまだわからねぇ・・・)

まぁ衝撃のラストでしたが、凌介が犯人て事はないんじゃないかな~と思います!(しかしラストの凌介の表情が気になる・・・)


とりあえず今回で第1章が終了したという事で、まだまだ謎が多い今作ですが、個人的にはただただ面白いと思って視聴しています♪(演出とかさすがといった感じでどんどん引き込まれていく脚本とかには感心するばかりです)

スポンサーリンク

第10話のtwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぷろびんが動画の投稿を一時休止する事が発表されてましたね。

これって新たな登場人物の強羅がゴミ箱にコーヒーを流し込んでいた時にゴミ箱の中にいた男がぷろびんじゃないかという声が挙がっていましたが、なるほどね・・・

そして次からは第2章は年明けからという事でしばらくもやもやしながら、過ごす事になりそうですwww

そしてHuluでは新しいオリジナルストーリーが配信されていましたので、そちらも良ければ見てみてはいかがでしょうか。

真犯人フラグHuluで2週間無料で視聴可能♪

日テレドラマ