東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ NIGHT HEAD 2041 第4話「触発 -Resonance-」感想 能力者のバーゲンセール

NIGHT HEAD 2041
この記事は約6分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

アニメ「NIGHT HEAD 2041」の第4話「触発 -Resonance-」の感想になります。

前回の内容はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話

スポンサーリンク

#4「触発 -Resonance-」

黒木兄弟たちの保安隊との戦いにより、負傷した直人と直也を助けたのは、反政府レジスタンス「言論自由同盟」のメンバーだった。彼らは二人を物質社会に反した拘束者たちの更生施設へと案内し、非道な思想弾圧が行われている現状を見せつける。

脚本:飯田 譲治 絵コンテ:新井 陽平 演出:山村 聡 作画監督:蔦 佳穂里

スポンサーリンク

感想

気を失った直人が目を覚ました場所は霧原工場跡地。

直也が駆け寄り、直人達を助けてくれた男とその仲間達を紹介してくれます。

反政府レジスタンス「言論自由同盟」 。

彼らは直人たちになぜ保安隊に追われていたのか尋ねると、警戒している直人は逆に何者か男達に聞き返します。

すると男達は自分達は反政府組織で敵は同じはずだと言い、直人達に仲間にならないかと誘ってきます・・・

一方保安隊の本部では、君江が確保したタチバナマサユキ少年の今後について話し合っていました。

ユウヤがマサユキ少年に母親が持たせて欲しいと頼まれた写真を見つけ、そこに映っている少女が以前、任務中に突如現れた少女と同じである事に気付きます。

一緒に映っているもう1人の少女はマサユキ少年の母親であり、その隣にいる少女が双海翔子という名前である事を知るが、現年齢は40代。

本部長の本田はこの双海翔子について調べるように保安隊のメンバーに命令します。

そして本田は今回の戦闘でタクヤとユウヤそして武藤について能力者の覚醒が近いことを研究者と話し合いますが、脳の覚醒部分が段違いの人間を発見します・・・

『これは・・・』

その人物は保安隊が確保したタチバナマサユキでした。

その頃、直人と直也はレジスタンスから自分達が研究施設にいた15年間の間、世の中は物理社会に染まり、保安隊に逮捕された危険と判断された人間(思想や信仰を持った人間など)は囚人部屋の中に隔離され、晒し者として世間からのバッシングの対象となっている事を知ります。

『こんなこと・・・許されてたまるか・・・』

一方、保安隊本部では唯一能力者として覚醒が遅れている曽根崎道夫は、ひとり焦っていました。

すると保安隊本部内で警報が。

マサユキ少年が保安隊にいる母親を探しに、能力を発動。

数人の保安隊を能力でコントロールし、母親を探し回るマサユキ。

『君江!なんとかしろ!』

本田に言われた君江だが、マサユキの能力は君江を遥かに凌駕するものであり、自分では太刀打ち出来ない事を悟ります。

そしてマサユキの前にタクヤ、ユウヤ、武藤、曽根崎、本田、君江が立ちふさがります。

一方、マサユキの母親は保安隊本部内で、マサユキが能力を使って殺したであろう人間たちを発見し、愕然とする中、マサユキの前に現れ、もうやめるようにマサユキをなだめます。

するとマサユキの能力が一時的に解除されますが、そこにユウヤがマサユキに声もう傷つけたりしないと声をかけますが・・・

マサユキは自分が君江に撃たれた事を思い出します。

『ウソだーーーーー!!!』

マサユキは操っていた保安隊の人間にユウヤを銃で撃たせようとします。

それを見ていたタクヤが自身の能力を最大限に使ってその場を吹き飛ばそうとします。

それを見て咄嗟にマサユキを庇うユウヤ。

保安隊内のガラスが割れ、マサユキの母親が吹き飛ばされます。

保安隊本部の外で中の様子を伺っていた直人と直也はマサユキの母親に駆け寄ります。

『何が起きている・・・?』

保安隊内では能力を使ったタクヤが心肺停止。そしてタクヤの能力からマサユキを助けたユウヤの頭上で、大きなオブジェが落ちてきますが・・・

それを今まで能力を使えなかった武藤が咄嗟に自身の能力でオブジェの落下を止めます。

その能力に驚く武藤。

それを見ていた君江が未だに能力の覚醒していない曽根崎にいい加減あなたも役に立ちなさいと煽ってきます。

憤慨する曽根崎だが、怒りのあまり地面を拳で殴ると、タクヤのような能力が発動。

『・・・へへへ!!やった!やったぞ!!』

狂ったように喜ぶ曽根崎とそれを冷ややかに見つめる君江と本田。

そしてマサユキを保安隊から助けようとした直人と直也は一旦救出を断念。

マサユキの母親を連れ、その場を去ります。

第4話終了。


3話で登場した殺人事件の犯人の少年がまた登場しましたね。

タチバナマサユキ。

その能力は君江と同じ『マインドコントロール』

しかも君江の力より遥かに強大という・・・

結局母親と引き離されてしまいましたが、今後マサユキ少年は物語に絡んでくるんでしょうか。

そしてまさかのタクヤ死亡(心肺停止ですが)。

まあ死んではないんでしょうが、能力を最大限に使ってしまうと負担がかかり過ぎてしまうって事なのかな?

そして次々と能力者が覚醒していきますね。

もはや能力者のバーゲンセールですね。www

スポンサーリンク

4話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は強キャラ枠だと思っていた君江姐さんが、マサユキ少年の力にビビってしまっていたのが少しショックでした。

『諜報部だから』

とか言ってましたが、実はそんなに能力自体は強くないみたいですね。www

レジスタンスみたいな連中も登場しましたが、直人たちの味方って訳でもなさそうです。

NIGHT HEAD 2041
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天からのお得なお知らせ
Amazonからお得なお知らせ
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews