東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ミステリと言う勿(なか)れ ドラマ第5話ネタバレ感想 入院中の出来事

ミステリという勿れ(全12話)
ポチっとしてくれるいい事あるかも(^^♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の第5話の感想になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#5 あらすじ

爆弾魔事件で頭を打った久能整(菅田将暉)。外傷もなく、整も何ともないのだが、念のため大隣総合病院で検査入院をすることになってしまった。事情を知った池本優人(尾上松也)は青砥成昭(筒井道隆)に整は警察に協力したためなので入院費ぐらいこちらで持っても良いのではないかと進言。青砥が許可すると、風呂光聖子(伊藤沙莉)が手続のため病院に向かう。

売店で買い物をした整が病室に戻ると宛名と依頼主が自分の名前という小荷物が届いていた。身に覚えのない箱を開けると、中にはドライフラワーと手紙が入っている。手紙の文章から整は犬堂我路(永山瑛太)からのものだと気づき、また良からぬものが入っているのではと警戒しながら箱を改めると何かが落ちた。そこへ、整が探していると風呂光が来た。整が拾い上げた指輪に風呂光は動揺し、手続の用紙を渡してすぐに帰ってしまった。

その夜、整が寝ようとすると隣のベッドの老人から声をかけられる。老人は牛田悟郎(小日向文世)と名乗り、定年退職した刑事だと言う。そして、牛田は相棒の刑事、霜鳥信次(相島一之)と担当した事件を話し出した。牛田は事件の解決までは話さず、整に問題として謎を解かせる。嫌々ながらも整は2問目までを見事に正解した。
3問目は22年前に売春する女性が次々に殺害された未解決事件に関するもの。当時容疑者は羽喰玄斗と特定されるが逮捕には至らない。そんな時、羽喰に狙われているという女性から保護を求める連絡が警察に入った。牛田は霜鳥と女性に指定された場所へ向かうのだが…。

スポンサーリンク

感想(原作未読)

今回は前回の続きというか、久能が土手から落ちて頭を打ち、不本意ながらも病院に搬送されてしまった病室でのストーリーでした。

そして風呂光は久能の事が気になり始め、久能に彼女がいるかどうかを探り始めるという・・・ww

また、久能の病室に同じく入院していた牛田悟郎を演じた小日向文世さんの演技がとても良かったです。

元刑事だった牛田の出す問題もとても面白かったですね。

そして夜で眠くなってきた久能にお構いなしに問題を出すという少し笑いの要素も入れてあり、個人的にはなんとなく【古畑任三郎】を連想させました。

そして実は牛田は幽霊だったというオチで・・・w

久能に自分の想いを打ち明けた牛田は初めて成仏できたのではないでしょうか。

で!!

また新たな登場人物が。

牛田に本をくれたライカという女性(門脇麦)。

何やら本筋にも関してそうな雰囲気が・・・

スポンサーリンク

第5話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2話以降はなんかこのシーンで感動してくれ!みたいな演出が少なくなったような気がするので、それはそれで良かったと思っています。

しかし風呂光の恋愛とか結構どうでもいいので、そこにあまり尺は使わないで欲しいかなと・・・(原作でもこんな感じなの?)

折角のミステリーなのにちょっと台無しにしてる感がありますね。

そこはやはりドラマだから仕方ないのかな?