東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

【菅田将暉主演】ドラマ ミステリと言う勿(なか)れ 第2話感想 バスジャックの秘密

ミステリという勿れ(全12話)
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の第2話の感想になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#2 あらすじ

美術館に行くため久能整(菅田将暉)が乗った路線バスがジャックされた。乗客に名前を尋ねる犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞く。すると犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗るが、目的はそのうちわかると教えなかった。

その頃、大隣警察署には連続殺人事件の捜査本部が立っていた。朝には新たに4体目の遺体が発見されている。被害者に共通点はなく、容疑者の目星すらつかない状態だ。青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(尾上松也)らが忙しく動く中、風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査に加わらせてもらえない。そんな時、風呂光は後輩警官からバスジャックの通報があったと報された。だが、付近の路線バスや観光バスは問題なく運行している。風呂光は青砥たちに話すが、ただのイタズラだと一蹴されてしまった。

整の乗ったバスは公園に停まり、オトヤは乗客たちを1人づつトイレに行かせる。真っ先にトイレに向かわされた整は外部に連絡する方法を考える。出がけ前に池本から連絡先を知らされていた整はメモ用紙に現状を書いて、犯人に見つからなさそうな場所に置いた。
再びバスが走り出すと、整がオトヤを理詰めにして怒らせてしまう。逆上したオトヤはナイフで切りかかるが、乗客の熊田翔(永山瑛太)が整をかばった。さらに、乗客の坂本正雄(久保田悠来)がオトヤを殴り倒す。乗客たちは安堵するが、坂本は落ちたナイフを乗客たちに向け…。その後、バスは犯人の指示で、ある屋敷にたどり着く。

スポンサーリンク

感想(原作未読)

今回は久能がバスジャックに巻き込まれてしまったという話。

しかし、そのバスジャック事件には犯人たちのある【目的】が・・・

1話に続き、2話も見てみましたが、なかなかどうして思い切りミステリしてる感があり、とても面白いですね。

昨今のドラマでもここまでミステリに特化した作品はないのでは・・・というくらい【謎】が深く、また、主人公の久能のキャラがとても引き立っていて、よりドラマを面白くしています。

独自の価値観を持っている久能が登場する人物たちの闇というか、悩みなどにアンサーを出していくような感じです。

そして最後の方で警察が突入して無事事件解決かと思いきや、衝撃の第2幕が開けようとしています・・・

謎の男・熊田翔(いかにもって感じで怪しすぎw)が連続殺人事件の犯人ではないか!とワクワクしながら次回を待とうと思います!

ちょっと気になったのが、出会ったばかりの久能のアンサーだけで、登場人物の悩みや苦しみがいかにも解決しました!っていう感動BGMやその場の雰囲気や役者の涙には違和感がありました・・・(1話はそんな感じなかったのに・・・そこだけ残念)

スポンサーリンク

第2話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なかなかミステリ好きにはおすすめかなと思う今作ですが、2話を視聴して分かった事は

・白石麻衣(まいやん)は超絶キレイ♪
・え?あの金髪、永山瑛太だったの?

でした~♪

白石麻衣ちゃんはもう死んでいる役みたいですが、これからは回想シーンのみで登場するのかな?

そしてあの金髪(熊田翔)が永山瑛太だった・・・事は正直どうでもいいですが、絶対犯人だと思って1週間待ってみます!w

※予想:熊田翔はサイコパス