東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ミステリと言う勿(なか)れ ドラマ第12話(最終回)ネタバレ感想 続編あり?

ミステリという勿れ(全12話)
ポチっとしてくれるいい事あるかも(^^♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の第12話(最終回)の感想になります。

前回はこちら。

スポンサーリンク

#12 あらすじ

美術展を見終わった久能整(菅田将暉)は東京へ帰る新幹線に乗車。弁当を食べようとした時、隣席に美樹谷紘子(関めぐみ)が座った。何となく気恥ずかしい整は、早々に弁当を食べて寝てしまう。
うたた寝から目覚めた整がふと隣席を見ると紘子が手紙を読んでいた。便箋を見た整は思わず“な、ご、や、に、は、く、る、な”と口にする。驚く紘子に整は謝罪。だが、手紙にそんなことは書いていないので、紘子には意味がわからない。整は文章ではなく、イラストの頭文字を並び替えたのだと教える。すると、紘子は他の手紙も整に見せた。

紘子は整に手紙は父からのものだと話す。両親を幼い頃に亡くした紘子は、亡き母の親友が引き取って育ててくれた。しかし、最近になり紘子は育ててくれた母のクローゼットに古い手紙が隠してあるのを見つける。それが、今読んでいた手紙で父が今の母に宛てたもの。今の母から両親は亡くなったと聞いていたが、父の手紙は紘子を返して欲しいと訴えていた。手紙に書いてあった住所に、紘子が手紙を出してみると返事が来た。結婚を控えた紘子は、父にバージンロードを一緒に歩いて欲しいと頼むため、そこに向かうところだと言う。

しかし、手紙のイラストは解くほどに危ういメッセージが連なる。そんな二人の様子を見ながら徐々に席を移り近づいて来る人物がいた。ついに後ろの席まで来た時、整が声をかける。それはサキ(高畑淳子)という女性だった。
その頃、犬堂我路(永山瑛太)たちは風呂光聖子(伊藤沙莉)らを助け、辻浩増(北村匠海)から愛珠(白石麻衣)の死の真相を聞いていた。だが、そこには新たな謎が…。

スポンサーリンク

ネタバレ感想(原作未読)

とうとう終わりましたドラマ・ミステリと言う勿れ。

15分拡大という事でしたが、結局久能とガロくんは最後でしか交わる事はなかったですね。

そしてドラマの内容としては、久能が新幹線で出会った1人の女性とのエピソードとガロくんが追っている亡くなった妹・愛珠が遺書に残していた【ジュート】との決着の話の2部構成でした。

久能が新幹線で出会った女性のエピソードはいかにもミステリという感じでとても面白かったです。

特にその女性・美樹本紘子が暴力を振るう父親から紘子を守るために、父親の手紙にイラストでメッセージを送った内容。

紘子は母親からのメッセージを【紘子幸せで】と解釈しましたが、久能は

【ふたりでころした】

と推察し、育ての母親・サキの反応を見るとどうやら久能の推察が正しかったのだとわかります。(このシーンはゾッとしました…)

また、ガロくんの方は【ジュート】こと辻浩増から父・羽喰玄斗が第5話で登場した元刑事に殺され、別荘に埋められていた事を聞かされます。

ジュートはその事を警察に伝えましたが、警察は全く相手をせず、ジュートは玄斗の事を思い出してもらおうと玄斗の仕業に見せかけ連続殺人を行っていたのでした。

ここのガロくんとジュートのやりとりも緊迫感があり、見応えがありました。

このシーンはやはり演者の永山瑛太さんと北村匠海さんの演技がとても光っていたのも、その大きな要因となっていました。

そして愛珠の事に決着がついたかに思われた矢先、愛珠やジュートを操っていた可能性がある人間が浮上してきます。

その後、ガロくんは久能と再会を果たすのですが、なんとここでドラマは終了。

終わり方を見る限り、どうやら続編か映画化の可能性大だと思われます。

個人的にはミステリという雰囲気が全面に押し出され、なおかつ笑いもあって絶妙な面白さがあったドラマだったと思います。

風呂光さんの事は原作ファンからかなりダメ出しをされていますが、原作未読の視点から見る限りではそこまで言う?ってな感じなんですよね。

原作の風呂光がどんな感じかはわかりませんが、ドラマの風呂光はこれはこれで成立してるから全然アリなんじゃない?

確かに風呂光の恋とかはこのドラマの雰囲気には合っていないような気はしましたが…

個人的には久能の喋りがもっと見たかったな…

そこがこのドラマの売りでもあるので、もし続編があるのなら、その部分をもっと前面に押し出して欲しいと思います!

久能を演じた菅田将暉さんも素晴らしかった!!

スポンサーリンク

最終回のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラストは

『えっ?これで終わり?』

てな感じの終わり方だったので、ネットではかなり反響が大きいようです。

まぁ大方の予想としては続編があるのでは?という声が圧倒的でした。

キャストも豪華でドラマの雰囲気も凄く良かったので、是非続編はやって欲しいと願っています。

主演の菅田将暉さんも続編を希望していますしね!

菅田将暉さんコメント

「撮影が終わって振り返ってみると、1ミリも余裕のない現場でした(笑)。なので、キャスト・スタッフの皆さんにいろいろとご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。『ミステリと言う勿れ』は、コロナ禍で気持ち的に滅入(めい)っている中、逆にいろいろなものが淘汰(とうた)されたことによってできた作品というのが個人的には“救い”でした。今回出会った“久能整”という人はとにかく考える人物で、撮影期間中たくさん考えました。また、撮影中は、“10年前にフジテレビのドラマのオーディションでこの部屋に来たな”とか、“その時、(岡山)天音や(伊藤)沙莉が一緒にいたな”とか、いろいろなことを思い出しました。撮影が終わって今はちょっとホッとしていますし、どんな出来上がりになるのかを本当に楽しみにしています。個人的には、続編を希望していますので、心身共に整えてオファーを待っています。皆さん、お疲れさまでした!」

ミステリと言う勿れ公式HPより引用