東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ドラマ 危険なビーナス 第8話感想 楓の裏切り? 伯郎はお酒に逃げ・・・ネタバレあり

2021年ドラマ一覧
この記事は約6分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

危険なビーナスの第8話が放送されました。
前回では楓のところに勇磨が伯郎のところに牧雄が訪れたところで終わりました。
今回はその続きになります。

スポンサーリンク

あらすじ

伯朗(妻夫木聡)は、突然自宅に押しかけてきた牧雄(池内万作)から、脳の研究をしていた康治(栗原英雄)の研究記録を見つけて欲しいと言われる。

そこには、伯朗の実父・一清(R-指定)の脳腫瘍に対する研究データがあり、それが人類の未来において画期的な発明に繋がる内容だというのだ。さらにその研究資料は、康治から伯朗の母・禎子(斉藤由貴)が譲り受けているはずだから伯朗こそがそれを探す者として適任だと断言する。

牧雄が探していた30億の遺産よりも「価値があるもの」とは、康治の研究記録だった。

義父・康治の治療を受けた後に、実父・一清は若くして亡くなった…。康治は、母・禎子を手に入れるために、患者だった一清の死を意図的に早めたのではないか? そんな疑念を拭えない伯朗に対し、楓(吉高由里子)は当時の康治を知るある人物に会いに行こうと伯朗を誘う。

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)もその研究記録の価値に気づき、母・佐代(麻生祐未)に内緒で単独行動をしていた。そんな勇磨の様子に気づいた佐代は、ある日伯朗に「勇磨と楓さんはつながっている」と忠告し…。”公式HPより引用”

東野圭吾/危険なビーナス/©TBS
スポンサーリンク

感想&詳細

牧雄を家に招き入れた伯郎は牧雄から取引を持ち掛けられる。
それは康治から何か母・禎子に譲り受けたものがあってそれを探し出して欲しいというものだった。
それは康治の研究していた脳のサヴァン症候群についての研究記録。
それを探し出し、牧雄に渡す事が条件でその詳細を教えてやると牧雄から言われ、伯郎はその研究についての内容を知る。そこからフラクタル図形という幾何学模様の言葉が出てきた。

(あの絵だ)

伯郎はその言葉に聞きおぼえがあった。
康治はその実験のために動物実験を行っていた事、現在は康治の意思で研究を凍結している事を知る。

矢神牧雄
矢神牧雄

あの研究記録には人類の未来が託されている

東野圭吾/危険なビーナス/©TBS

その後、伯郎の動物病院に波恵から電話かかってきて、康治が危篤状態という事を告げられる。
急いで伯郎が矢神家に行くと、なんとか危機は脱した模様。
波恵は伯郎と康治を2人きりにします。
そこで伯郎は康治に禎子を殺したのか問いただすも答えは返ってきません。

その後、矢神家では康治の容体が危険なので早急に遺産についてはっきりさせるべきだと話し合いをする事に。

 

 

祥子は楓は明人の妻ではないので、遺産を相続する権利はないとその場で主張しますが、勇磨が楓が明人の本当の妻だという事を信用すると言い、まわりを驚かせます。

伯郎は楓になぜいきなり勇磨が楓を援護するような発言をしたのか聞くと、楓は実は昨日伯郎と別れたあと、勇磨から連絡がありフラクタル図形を見せてくれてこの図形が矢神家の本当の遺産なのではないかと言われた事を知る。
楓は伯郎から聞いた康治が禎子に譲ったかもしれないサヴァン症候群の研究記録について、親友だった佐代だったら何か知っているかもと伯郎に言います。

伯郎は矢神家にまだ残っていた佐代に禎子が康治から譲り受けたものについて何か知っているかどうか尋ねると、佐代は禎子が康治から遺産よりもっと大切な何かを受け取っているという話を聞いたという事を知る。そして交換条件として佐代に明人が本当は行方不明だという事を白状してしまいます。

矢神佐代
矢神佐代

おそらく勇磨は楓さんと繋がっています


そして佐代は楓には気を付けた方がいいと再度伯郎に警告します。

 

 

伯郎はだんだん楓の事が信用出来なくなっていた。
そして伯郎は楓とともに小泉の家にその研究記録を探しに行くことに。

小泉の家では何も見つからなかったが、楓がパソコンからフラクタル図形についてのブログを書いている人間を見つけます。

後日伯郎は楓からこのフラクタル図形のブログを書いている人間とコンタクトが取れた事を聞き、気乗りしないが、一緒にその人の元に。

 

 

その人は仁村という女性で父が脳に損傷を受け、一命は取り留めたものの、奇妙な図形を書くようになてしまった事、それを主治医から聞いた康治と面識がある事、康治が過去に自身の研究で人を殺してしまった事、それを悔いている事などを知る。

康治は仁村に自身の研究を止めてしまった理由について、康治は自分の息子にこんな研究をしていると顔向け出来ないからだと話していた事を伯郎はあの時だと思い出す。

伯郎は楓に康治へのわだかまりが解けたのは仁村と引き合わせてくれた楓のおかげだと言い、佐代に明人の失踪の事をバラしてしまった事を謝ります。
楓は許すかわりに、3人と一緒に食事をする時、伯郎が料理を作ってくれと言います。
そこで楓がよく家で牡蠣を入れたグラタンを作っていた事を告げられると伯郎は愕然とします。

 

 

伯郎は波恵から明人は今でも牡蠣が嫌いで食べられない事を確認すると、その事を告げに楓のマンションへ。

手嶋伯郎
手嶋伯郎

明人は今でも牡蠣は食べられない。君は何者なんだ?

伯郎が楓に問うとその背後から勇磨の姿が。

矢神勇磨
矢神勇磨

しつこい男は嫌われるぞ。失せろ、負け犬

そういうと楓を連れて、部屋の奥に消えていった・・・。

第8話終了。

 

今回はいよいよ矢神家の遺産より価値があるものの真相が明らかになりましたね。
そしてまさかの楓の裏切り。
勇磨と楓の間でどんな事が起こったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

第8話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラストはまさかの勇磨と楓が。
楓は伯郎を最初から利用していただけだったのでしょうか。
それと気になったのが楓は伯郎の行動をコントロールしているような言動をしている気がします。
ひょっとすると楓が犯人?

この続きは9話で!!

危険なビーナスをもう一度見たいなら↓↓



2021年ドラマ一覧危険なビーナス(全10話)
生活に役立つサイト【ナラコレ】はこちら↓↓

楽天トラベル
Amazon
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews