ドラマ 危険なビーナス 第6話感想 ついに行方不明の明人が登場! ネタバレあり

スポンサーリンク
ドラマ
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

危険なビーナスの第6話が放送されました。
前回では祥子が伯郎に伯郎の母の禎子は矢神家に殺されたと告白するところで終わりました。
今回はその続きになります。

スポンサーリンク

あらすじ

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が母の死の真相を暴こうとしていたことを聞き、兄である自分になぜ相談してくれなかったのかとやりきれない。

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか?と考察する伯朗と楓。気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」という牧雄(池内万作)の言葉だ。しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。叔母の順子(坂井真紀) と憲三(小日向文世)夫婦と共に遺品を見ながら、禎子が亡くなった16年前の話になる。順子がふと、遺品の中に実家のアルバムがないことに気づく。そして、今は更地となった小泉の実家の土地がどうなっているのか、確かめに行った方がいいと順子は伯朗に助言する。

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない。
楓はその頃・・・

スポンサーリンク

感想

4.3

いろいろ波乱の展開でしたね。
伯郎は祥子から母・禎子が矢神家に殺されたと言われ、激しく動揺します。
そして明人も禎子が矢神家に殺されたと思っており、周辺に聞き込みしていた事もわかる。

その事で伯郎は明人が禎子の葬儀の後、自分にアリバイを聞いてきた事を思い出す。

手嶋伯郎
手嶋伯郎

明人は俺の事も疑っていたのか・・・

ショックを受ける伯郎。

その後、伯郎はやけ酒を飲みながら、楓がその事を知っていた事を責め、なぜ自分に教えてくれなかったと問い詰めます。

楓は黙っていた理由は伯郎には言うなと口止めされていたからだと白状します。

さらにショックを受ける伯郎。

そして楓は結局矢神家の「30億の遺産より価値があるもの」が鍵を握っているのではないかと言い、牧雄おじさんに話を聞こうと病院に行くことに。

伯郎は病院に行った楓から電話で牧雄が病院からいなくなって退院するとメモ書きで残し姿を消していたと伝えます。

伯郎は矢神家で波恵に禎子について聞いてみるが、やはり何もわからず兼岩家に。

そこで順子に母が殺されていた実家の現場について確認するが、新たな展開はない。
すると順子は伯郎に禎子の遺品に実家のアルバムがあるはずだと伯郎に言い、それがないと伯郎が言うと、その後、康治から実家の建物が取り壊された写真が送られてきたから、その時アルバムはどこにいったんだろうと疑問を口にします。

そして伯郎は楓にその事を伝える為電話するが、返事がありません。

すると伯郎の電話が鳴り、出ると百合華から勇磨のインスタを見て欲しいと言われ、気が進まない伯郎は仕方なく見てみるが最新のものを見ると「新たな親戚とともに」という文章と料理の写真が。(いちいちキザなんだよディーン!)
百合華は楓は今勇磨と一緒にいると言われ伯郎は楓のマンションへ。

そこで伯郎はマンションの前で楓と勇磨が一緒に帰ってくるところに出くわし、その事で伯郎と楓はケンカしてしまいます。(これは伯郎が悪い!)

その後、元美の協力によりなんとか仲直りします。(ここでも伯郎の妄想シーンが出てきますが、これ必要?それとも何かの伏線でもあるのか?)

そこで伯郎は明人は結局自分の事を頼りない兄貴だと思われていたんだと言い、ショックを受けた事を2人に話します。

そして伯郎は楓とともに伯郎の実家に行くことに。

するとそこには取り壊されていたはずの実家がそのままに残っていた・・・

疑問を抱きつつ、2人は実家の中に入ります。

懐かしさを覚えつつ、伯郎は子供の頃、明人と一緒に遊んだおもちゃ箱を押し入れの天井から発見します。
そこには一枚の手紙が。

書いたのは明人で伯郎に宛ててだった。

「もし僕に何かあったら兄さんが母さんを殺した犯人を見つけてくれ」

それを見た伯郎は明人が自分の事を疑ってはなく、むしろ本当に信頼してくれていたんだと実感します。(良かったな!伯郎!)

シーンは変わりある部屋に。
そこには目隠しされて手足を拘束された男が。
すると1人の男性が近づいてきて目隠しを取ります。

明人だった。

近づいてきた男がタブレットで

あなたが母親から譲り受けた貴重なものはどこにあります?

すると明人は

矢神明人

追い詰めますよ。必ず追い詰めますよ。誰よりも頼りになりますから僕の兄貴は!

と目の前にカメラに言います。
そしてもう一度男がタブレットを見せるとそこには

「それは無理です」

の文字が・・・

そして伯郎と楓が明人からの手紙を発見した時、玄関から物音がします。
その足音はだんだん2人がいる部屋に近づいてきて・・・

第6話終了。

今回はいよいよ真相に近づいてきた話になってきました。
矢神家に遺産を巡っての攻防が水面下で繰り広げられていたものがいよいよ表面化してきました。
そしてついに!明人が登場しましたね!

明人は監禁されていたんですね。

監禁したのは果たして誰なのか?そして伯郎と楓に元の近づいてくる足音の正体は・・・

ふと思ったのがこれ明人の自作自演てことは・・・ないですかね?

スポンサーリンク

第6話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Twitterでは早くも犯人は誰なのかで盛り上がっている様子。
原作は私も未読なので犯人はわからないのですが、ドラマでは原作と少し違うようなので原作を読んでいる、そして未読の方にも楽しめると思います。
あと小日向さん演じる、兼岩憲三が怪しいという意見が多くなってきました。

果たして犯人は誰なのか?

では7話で!!

危険なビーナスをもう一度見たいなら↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました