東京都の週間天気
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

ドラマ 珈琲いかがでしょう 第7話感想 坊ちゃんの青山に対する歪んだ愛情

珈琲いかがでしょう(全8話)
この記事は約4分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ドラマ「珈琲いかがでしょう」の第7話が放送されました。
前回は若かりし時の青山と恩人のたことの出会いが描かれました。
今回はその続きになります。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話

スポンサーリンク

#7「ぼっちゃん珈琲」

青山一(中村倫也)は、ようやくたこ(光石研)の親戚宅の前にたどり着くが、あと一歩のところでぼっちゃん(宮世琉弥)に拘束されてしまう。ワゴン車に連れ込まれ、夕張(鶴見辰吾)の運転でどこかへ移動中、ぼっちゃんは青山が面倒を見てくれた幼い頃のことを振り返り始める。


当時10歳だったぼっちゃん(長野蒼大)の面倒を見ることになった青山は、ぼっちゃんが学校でいじめられていることに気づく。給食に出てくるコーヒー牛乳もいつも取り上げられてしまい、一度も飲んだことがないという。父親がヤクザの二代目(内田朝陽)であることを武器にすればと助言するが、ぼっちゃんはヤクザが大嫌いだと一蹴。自分の力でクラスの底辺から脱出するため、いつかコーヒー牛乳を飲むため、毎日苦手な逆上がりの自主練をしていた。

そんなぼっちゃんの覚悟を知った青山は、逆上がりの練習に付き合うように。さらに組の抗争によって連れ去られそうになった時には颯爽と救い出し、眠れない夜にはコンデンスミルクをたっぷり入れたコーヒー牛乳で喜ばせた。

次第にぼっちゃんにとって、二代目がかまってくれない寂しさを埋めてくれる青山が、強くてかっこいいキャラクター“とらモン”のような存在となっていく。「ずっとそばにいる」という約束も交わすが、その直後、約束を裏切る出来事が起きる――。”珈琲いかがでしょう公式HPより引用”

スポンサーリンク

「坊ちゃん珈琲」感想

前回のラストに登場した少年は青山がいたヤクザの組長の息子であり、少年が小さい頃から青山が面倒をみてきた過去がありました。

元々ヤクザが嫌いで学校にも自分がヤクザの組長の息子である事を隠し、一般人として生活してきた坊ちゃんは、青山との出会いで親がいない寂しさを埋めるようになり、いつしか青山の事をテレビに映っていた「トラモン」と呼ぶように。

坊ちゃんは青山にずっと傍にいてくれるよう頼み、それを信じていましたが青山がある日、組の金を持ち逃げし、姿をくらました事を知る。

そして約束を破った青山に復讐しようと青山の目の前に現れた成長した坊ちゃんは、青山の連れてあるレストランへ。

そこには垣根とぺいの姿が・・・。

動揺する青山に坊ちゃんがある提案を持ち掛ける・・・。

この坊ちゃんの青山に対する憎しみの深さは愛情の裏返しでもあるんですよね。

信じていた青山に裏切られてから組長は抗争で死亡。

その事が学校に知られて、クラスメイトは坊ちゃんを腫れ物を扱うようになり、やがて坊ちゃんはいつの間にかそれを笠に他の生徒たちをいじめるように。

坊ちゃんはすべて青山がいなくなったせいだと思っているんでしょうね。

そして何やら青山と死んだ組長の間には坊ちゃんに隠している秘密がありそうな感じです。

スポンサーリンク

7話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

次回で最終回となるそうですが、果たしてどんな展開になるんでしょう。

坊ちゃんに青山の想いは届くのか?

何やら次回予告の中で、坊ちゃんを殴っている青山の姿がありましたが・・・。

『珈琲いかがでしょう』をもう一度見たい方は↓↓で!