ドラマ 珈琲いかがでしょう 第6話感想 若かりし青山とたことの出会いと別れ

珈琲いかがでしょう
この記事は約4分で読めます。
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ドラマ「珈琲いかがでしょう」の第6話が放送されました。
前回は青山とぺいの過去が明らかになりました。
今回は若かりし頃の青山と青山に珈琲を教えてくれた【たこ】という男との出会いから別れまで描かれました。

©「珈琲いかがでしょう」製作委員会
TVドラマ珈琲いかがでしょうHPイントロダクションより引用

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話

スポンサーリンク

#6あらすじ

「たこ珈琲」
垣根志麻(夏帆)が淹れた珈琲を味わいながら、青山一(中村倫也)は珈琲の道に進むきっかけとなった、ホームレスのたこ(光石研)との出会い、そして青山が珈琲を淹れながら各地を巡っている本当の理由を打ち明ける。


たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めるのであった。今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山の中でも小さな変化が起き始めていた…。

©「珈琲いかがでしょう」製作委員会
TVドラマ珈琲いかがでしょう公式HP第6話より引用


とある雨の日、青山がいつものようにたこの家にいくと、そこには寝込んでいるたこの姿が。たこの淹れた珈琲を飲む青山は「いつか俺も誰かに美味しい珈琲を淹れることができるんだろうか」と問いかける。するとたこは青山に一番必要で大事なものが何なのかを語り始めるのだが…。


垣根を家まで送り、ぺい(磯村勇斗)から託されたメモを手掛かりに、本当の目的を果たすべく車を走らせる青山。最終地点に辿り着いたと思ったその時…。

©「珈琲いかがでしょう」製作委員会
TVドラマ珈琲いかがでしょう公式HP第6話より引用
スポンサーリンク

「たこ珈琲」感想

今回は青山がたこから珈琲以外の事を教えられ、初めて人間らしさというものを覚えていくという物語でした。

今まで何かを楽しむ事が出来ず、幸せを感じた事がなかった青山にたこはこう言います。

『毎日何食べたか気にしてみろって事。それが美味しかったのか?美味しくなかったのなら何がダメだったのか?料理の中に何が入ってたのか?作り方はどうだったのか。ただ食べて空腹を満たすだけじゃなく味を感じる。そうやって少しずつ自分の舌を鍛えていくんだよ。それが美味しい珈琲を淹れることに繋がってくるから。心に余裕がないと味を感じられないからね。そしてそのご飯が美味しいと感じたのならそんときは1ミリでもいいから幸せかどうか考えてみな』

そうして割と素直な金髪青山はたこの言うことを実践していきます。

たこは青山の珈琲の師匠だけではなく、人生における師匠でもあったんですね。
そしてたこの夢でもあった移動珈琲屋を青山が【たこ珈琲】という名前でやっているのもいいですね。


しかしそんなたこも病気で亡くなってしまいます。

青山は小さな骨になってしまったたこを見ながら、たこが生前大事に想っていたひとりの女性の事を思い出し、その女性について探してたが、前回ぺいに渡されたメモの中にその女性の住所があり、その女性のところに向かうが・・・。

何やら怪しげな少年が青山の目の前に現れます。

これ、青山がいた組の組長の息子とかでしょうかね。

スポンサーリンク

6話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

青山の過去を聞いてきた垣根が最後に

『大好きなんです!』

という言葉に戸惑う青山に

『青山さんの珈琲が!』

という垣根とのやりとりがまた少し青山の心を救ったんだと思わせる印象に残ったシーンがとても良かったです。

以外とこの2人はお似合いなんじゃないですかね?笑

ドラマプレミア23「珈琲いかがでしょう」第7話|テレビ東京

『珈琲いかがでしょう』をもう一度見たい方は↓↓で!

タイトルとURLをコピーしました