ドラマ 珈琲いかがでしょう 第2話感想 ゲストは山田杏奈さんと臼田あさ美さん ネタバレあり

スポンサーリンク
珈琲いかがでしょう
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪

ドラマ「珈琲いかがでしょう」の第2話が放送されました。
前回の放送後の反響はかなり良く、中村倫也さんの演技や雰囲気などを絶賛する声がネットでも多かったです。
では2話の感想などを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

#2あらすじ

「キラキラ珈琲」
青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた、ある田舎道で「たこ珈琲」を開店していたが、ここにいるのもこの日まで。営業を終え、深夜、車で東京へ移動していると、後方で何やら物音が…。髪をピンク色に染めたみかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)が、こっそり乗り込んでいたのだ。慌てて引き返そうとするが、雅は田舎生活がとにかくイヤで、可愛い自分は東京でも通用するはずだと訴える。既にオーディションを受けることも決めていた。「東京で何かしらになりたい」…何を言っても引き下がらない雅に根負けした青山は、親へ報告することを条件に連れていくことに。
東京では、雅のインスタのファンだという、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿で落ち合い、オーディション会場へ連れて行ってもらう間にも、スカウトされたり、かわいいものに囲まれたり。期待感がますます高まっていくが――。

「だめになった珈琲」
ある日、礼のルームメイト・ヤイ子(三浦透子)が、突然出ていくと言い出す。最近の礼の行動にもうついていけないという。ついに独りぼっちになった礼の部屋に突然、青山が訪ねてくる。雅が部屋にスマホを忘れたといい、早速探し始めると、雑然とした部屋から古びたエスプレッソマシーンが出現。礼は機械を懐かしそうに見つめながら、上京した頃のことを青山に話し始める…。”珈琲いかがでしょう公式HPより引用”

スポンサーリンク

感想

『キラキラ珈琲』

青山が地方での営業を終えて、東京に帰る車内で何やら後の方から物音が。

不審に思った青山はパーキングで車を止め、車の後ろを確認すると、そこにはひとりの女の子が。

その女の子・大門雅は自分が住んでいる田舎が嫌でオーディションを受ける為に親の置手紙を残し、こっそり青山の車に乗り込んでいた。

青山が説得するも、雅は聞き入れず仕方なく一緒に東京へ。

青山からピンク色のキラキラした珈琲を淹れてもらった雅は東京に来る前に約束していた雅のインスタのファンだという礼という女性と待ち合わせをし、東京案内をしてもらいオーディションを受け、そのまま礼のところに泊まる事に。

しかし女性だけでルームシェアをしているという礼の話と違ってそこにはガラの悪い男の姿が。

戸惑う雅の前にもう一人ガラの悪い男がやってきて、雅に乱暴をしようとしたその時、青山が礼の家を訪れ、雅を連れて帰ろうとする。

おねえさん、児童買春斡旋容疑で警察にマークされてますよ』

そういう青山にガラの悪い男が

『ナニモンだ、てめえ!』

と掴みかかりますが逆にその男の手をねじ上げ

『珈琲屋です』

と言い颯爽と雅を連れ、その場を去ります。

その後、青山の車内で雅は青山が雅の父親から雅が心配だから、見張っておくようお願いされていた事を聞かされる。

そして雅は青山の珈琲を一口飲み、

『たった一日しかいなかったくせに、思い知ったよ。東京ってさ、キラキラでフワフワでピカピカでチカチカでギトギトでペラペラでドロドロ。根っこがちゃんとしてないとダメなんだ。青山さんの珈琲みたいに。なんかしらになりたいなら、なんかをちゃんとしないとダメなんだよ。じゃないと私、夢見るイタいイモっ子のままだ。・・・それがちゃんと見つかったらまたここに連れて来てくれる?』

その言葉に頷く青山。そして雅に雅のお父さんにちゃんと連絡するよう言うが、雅は礼の家にスマホを忘れてしまっている事に気が付く。

その頃礼の家にいたガラの悪い男達がラーメン屋で青山の事を話していた。

『アイツの目・・・人殺したことある目してた』

するとそこに三平が現れ、詳しく話を聞かせて欲しいとその男に話しかけます・・・

キラキラ珈琲終了。

ホントに素晴らしい演技でした。
中村倫也さんの素もあんな感じなのかな~と思っちゃいますね。
そして今回の物語も東京に憧れる女の子とのやりとりも良かったです。

『だめになった珈琲』

青山が去った後、同居人のヤイ子から出ていくと伝えられ、もう礼についていけないとヤイ子は礼の家を出ていくことに。

しばらくすると礼の家に青山が現れ、雅のスマホを探していると礼に言い、礼は勝手に探せばと青山を中に招き入れる。

青山がしばらく探していると、古いエスプレッソマシンが。

それを見た礼は青山に自分の過去を語りだす・・・

礼も元々美術学生で、上京した当初は絵を描いていたが、なかなか目が出ず同じ学校に通うネネモという女の子は要領が良く、コネなどを作りうまく自分を売り出していた。

そしてある日、ネネモのやり方が枕営業をしていると噂をきいてしまう。

(なあんだ、そういうカラクリか。大した事ないくせに成功している女は全員枕。いやらしい、あさましい、お盛んなメス犬どもめ)

それから礼は、自分もその路線でコネを作ろうとするがうまく行かない。

礼はいつの間にか他人を妬ましく思うような人間になってしまっていた。そしてその頃から上京したての頃から使っていたエスプレッソマシンが動かなくなっていた・・・

それを聞いていた青山は礼のエスプレッソマシンを見て、清掃すれば動くという事を礼に伝えます。

それを聞いた礼はエスプレッソマシンを清掃し、青山から珈琲豆を買い、エスプレッソマシンの電源を入れる。
だが途中でマシンは動かなくなってしまう。

『フッ・・・そりゃそうだわ。そんな簡単に元通りなんて・・・て動けやコラ。ちょっと汚れたくらいでいじけてんじゃねえよ、甘ったれてんじゃねえよ。もう嫌なんだよ、妬み、そねみ、ひがみで泥団子みたいなの。何にもしないでアンタらの事笑ってるの楽だったけど、ホントは毎日惨めでたまんないよ!だらしなくしがみついてみっともないのわかってるけど、私だってホントは・・・ホントはそっち側がいいよ!』

と動かなくなっていたマシンが再起動。

『出ましたね、エスプレッソ』

そのエスプレッソを飲む礼。

『苦い・・・でもおいしい。昔は苦いだけだったのに変なの』

『僕は思うのですが、たとえアレを持っていなかったとしても、しがみついて続けられる人はそれに匹敵する何かを得る事が出来るのではないでしょうか。あなたの言うそちら側に戻れなくても、苦みを知ったからこそ、描けるものがあるのでは』

青山が礼の家を去ったあと、礼はもう一度絵を描く事を決める。

そこに三平が現れ、礼に家に現れた男の絵を描いてもらう。

それを見た三平は

『こりゃ100%、俺の探してる男だわ』

『ふ~ん、その人アンタみたいな人に追われるような人に全然見えなかったけど、一体なにしたの?』

『・・・人殺し』

だめになった珈琲 完

今回は2つの物語が繋がっていましたね。
こちらのエピソードもとても良かったです。
そして三平がなにやら青山の事を探っていますが、青山が『人殺し』とは・・・

マジっすか・・・笑

でも多分違うんでしょうね。

スポンサーリンク

2話のTwitterの反応

スポンサーリンク

感想

いかがでしたでしょうか。

次回予告になんだかいろんな俳優さんが出ていた描写があったので、楽しみですね。

特に滝藤さんの女装らしき姿がTwitter上ではちょっと話題になっていました。笑

そして青山と三平の出会いはまだないんでしょうかね。

青山の過去もとても気になります。

ドラマプレミア23「珈琲いかがでしょう」第3話|テレビ東京

珈琲いかがでしょう
各種動画サービスやオンデマンド無料トライアルはサイドバーから登録可能です♪
『ナラコレ!』は色んな商材や生活に役立つ情報を配信しているサイトです♪
良かったらこちらも覗いてくださると嬉しいです(^^♪商品レビューやランキングなども御座います♫
スポンサーリンク
芸能・エンタメNews
タイトルとURLをコピーしました