東京都の週間天気と現在の気温
+26
°
C
H: +28°
L: +20°
東京都
火曜日, 21 9月
7日間の天気予報を見る
+28° +28° +29° +28° +27° +24°
+21° +23° +25° +24° +22° +20°

アニメ シャーマンキング 第25話「大陰陽師 麻倉葉王」ネタバレ感想 葉とハオの出生の秘密

シャーマンキング(全52話)
訪問ありがとうございます!ポチっとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ

アニメ「シャーマンキング」の第25話の感想になります。

前回はこちら。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話

出典:シャーマンキング第25話
スポンサーリンク

#25「大陰陽師 麻倉葉王」

「X-Ⅲ」による命を賭けた一撃すらも、ハオには全く届かなかった……。その事実を前に、無力感を味わう葉。しかし、持ち前のユルさで立ち直り、すべてを受け入れる決心をした葉は、仲間たちに麻倉家とハオとの千年に及ぶ因縁、そして己の出生の秘密を語りはじめる……。

アニメ シャーマンキング公式HPより引用

スポンサーリンク

感想

X-Ⅲのブンスターの捨て身の攻撃もハオには通用しなかった。

そこにはスピリットオブファイアの姿はなく、水を纏った霊があった。

出典:シャーマンキング第25話

そして葉の言葉に驚くまん太達。

ハオの苗字は「麻倉」で葉の実の兄である事が葉の口から告げられる。

五芒星をシンボルとしているハオは1000年前から転生を繰り返し、スピリットオブファイアを手に入れ、自らの陰陽術と組み合わせ、最強のオーバーソウルを手に入れていたのだった。

そしてハオはシャーマンキングになる為、葉の兄としてこの世に転生した。

ブンスターの捨て身の攻撃にも全く無傷だったハオに動揺するX-LAWSだが、マルコはどうあがいてでも次の手を考えなくてはならないと言い、X-Ⅲの死は無駄にはしないと告げる。

そしてハオは意外にも健闘したX-Ⅲの魂を呼び出し

出典:シャーマンキング第25話

『我が糧となりて永久に生き続けるがよい。今日は馳走だ。スピリットオブファイア』

と言い、スピリットオブファイアにブンスター、ケビン、ミイネの魂を食べさせてしまう。

試合後、実況者のラジムからハオの技を超接近で撮影したビデオを受け取った十祭司のひとり、シルバ。

ラジムからハオはヤバすぎるから止めておくよう忠告されるが

『500年前のあの忌まわしき惨劇を引き起こしたパッチ族の男・ハオ。私にはその血を引く者としてヤツを止めねばならぬ魂の責任があるのだよ』

と言い、ビデオとともに控室を去っていく。

一方葉からハオが実の兄である事を皆に伝えた事を知った葉明。

葉明はハオと葉が生まれてきた時の事を思い出していた。

葉明は自身の陰陽術で事前に朝倉茎子(けいこ)と幹久(婿養子)との間に生まれてくる赤子がハオである事を知っていたが、ハオがこの世に生まれ落ちたその瞬間にハオを殺そうとしていた。

しかし、木乃(葉明の妻)から生まれてくるのは一卵性双生児である事が告げられる。

出典:シャーマンキング第25話

どちらかがハオである事までは見抜けなかった葉明は2人とも殺そうとする。

『麻倉の始祖にして忌むべき大陰陽師・朝倉葉王。その転生の輪を止めることできずとも、現世の野望、麻倉の続く限り阻止してくれる!式神!その赤子をとり殺すのだ!』

しかし、茎子の陣痛が始まり、いよいよ赤子が生まれ落ちようとしていたその瞬間、葉明は一瞬殺すのを躊躇してしまう。

すると生まれ落ちた赤子が

『ちっちぇえな』

出典:シャーマンキング第25話

と呟き、目を開ける。

すると葉明の式神が次々と倒されてしまい、葉明を庇おうとした幹久の攻撃も通用しなかった。

そこには素霊状態のスピリットオブファイアの姿が。

ハオは持ち霊ごと、この世に転生したのだった。

『出産たる大義、ご苦労であったな茎子』

そしてハオは半身であるもうひとりの赤子は自ら王になろうとするであろうと言い、自分がその半身を取り込むその時まで大事に育てるように茎子に告げる。

ハオが去ったその場で葉明は葉がハオの半身だとしたら、ハオに匹敵する力があるかもしれないとし、葉には辛い思いをさせるかもしれないが、葉は自分達の希望なのだと涙ながら語る。

出典:シャーマンキング第25話

第25話終了。


今回はハオの正体が明らかになりました。

その正体とは陰陽師の家柄である麻倉の始祖であるとともに、幾度も転生を繰り返しシャーマンキングになろうとしている麻倉葉王。

まあその力は見たところかなりチートで、X-LAWSなどはもはや戦意喪失といった感じでしたが、マルコは他のメンバーを奮起させている所などはさすが隊長!といった感じでしたね。

ひとつ思ったのがなぜハオはそこまでしてシャーマンキングになりたいのか?という点です。

その目的がいまいち不明ですが、性格も昔からあんな残酷な性格だったのかなという部分も謎です。

ハオにも何やら過去がありそうな気がします。

スポンサーリンク

25話のTwitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のまとめとしては

・ハオは自身の陰陽術と五芒星を組み合わせて最強の持ち霊を持っている(つまりどんな攻撃も通用しない)
・X-Ⅲのメンバーの魂がSOFに食べられる
・ハオは葉の先祖であり、実の兄
・ハオと葉の出生の秘密が明らかに

といった流れでした。

次回からOP曲が変わるみたいですが、それにも期待したいですね!